投稿者「かずや」のアーカイブ

春の気配

川沿いの梅

昨日、NHKBSで飼い主から放棄された犬や猫を紹介して、新たな飼い主を募集する番組をやっていた。僕の年代なら、80年代に教育テレビで「You」という、当時の若者向け番組のMCとして記憶にある糸井重里さん(個人的には「ほぼ日手帳」で今お世話になっている。)が出演されていて、他のゲストといっしょにいろんな事情を抱えた犬や猫の様子を親しみと共によく伝えられていた。

この手の番組は見たことがないので興味深く見ていたら、どうやらドイツに同じような番組があって、はっきり言うとそれを「パクった」ものらしかった。
けれど、こんなパクりならどんどんやればいいと思った。

飼い主が見つからず、幸いにもボランティアさんの手で救われた命の存在を、テレビというメディアで広く伝えて新しい飼い手へとつなごうとする試み。公共放送として本当にふさわしい内容だと思う。これはぜひ定期的にやってほしい。

そして、こういう番組を契機に、NHKはもっと公共に資する放送局に変わるべきだ。たとえば、「公正中立な立場からのニュース」なんかはあり得ないので、与野党が対立するような政治ニュースはやめて、ふだんの天気予報とか、多くの人に影響がありそうな事故や災害関連のニュースに比重を大きく移すべきだと思う。

「公正中立」といえば、今のように政権が大きく右に舵を切っている状態の時には、「中立点」も大きく右に動いてしまう。これがもし、社会党が政権をとった時の「中立点」のままでNHKがいたら、おそらく今の政権与党なら「NHKは左寄りだ」と大きな非難を浴びるだろう。なので「公正中立」なんていうのは茶番に過ぎない。

この日曜日、沖縄の辺野古新基地建設(「移設」というけれど、辺野古に基地ができても普天間がそのままそっくり返還される保証はなにもないので、あれは新基地建設だ。)についての住民投票が行われるにあたって、NHKがニュース9で伝えたのは、「以前は基地建設に反対だった若者が、その後いろいろと考えたあげくに住民投票を棄権しようと決めた」という内容だった。

NHKとしては、「この伝え方なら「賛成」にも「反対」にも触れていないから公正中立的立場ですよ」と言いたいのかも知れないけれど、もしこんな理由で投票を放棄する人が大きく増えていれば、結果として投票率は有効の目安の50%を切っていたかも知れない。実際には投票率は52.48%だったわけだけど、NHKの事前の「放棄を決めた若者」報道がこれを上げるのではなく、押し下げる方向に働いていた可能性は大いにある。

もし投票率が50%を切ってしまって住民投票が無効になっていたら、基地建設に反対が多数を占めるだろう結果を見ずにすむ現在の与党をはじめ、辺野古新基地建設賛成(黙認)派にとっては好都合だったに違いない。ただ実際には建設反対が72.2%を占めて投票資格者の1/4を超える結果となった。

NHKがやるべきことは、こんな間違った「公正中立報道」に腐心することではなくて、もっと市民の生活に密着した情報を提供することなんじゃないかと思う。そういう意味では捨てられた犬や猫を紹介するといった番組はとてもいい。ニュースはお天気とスポーツニュースと、多くの人が関わるような事件、事故、災害にのみ注力すべきだと思う。

ということで、少ししんどかったけれども、うちの犬もまともな生活をさせてやらないといけないと思って、少し長めの散歩に連れて出た。まだ2月だけれども今日はとても暖かくて、もう春が近いことを感じさせた。川の土手沿いを歩いていたら梅の花が開いていたので写真を撮った。犬もいつもよりたくさん、そこいらの地面や草の匂いをかぎまわった。

Windowsで遊ぶ

ウィンドウズ機

新しいWindows機の母艦。「新しい」といってもケースやマウスだけが新品で、あとは中古部品の寄せ集めなのだけれど。

なにせコスト重視なので、中身は本当に何世代か前のもの。ただ、起動ディスクをSSDにしたので、これまで触ったことのあるWindows10のどれよりもきびきびと動作する。オフィス2016も入れてあるので作業用としてはなかなか。AdobeソフトはAcrobatリーダーくらい。横のMacで補っていく。

これまでずっとMacでなんでもまなかってきたので、実はWindows10のことをほとんど知らない。なので今はこちらをメインPCのようにして、これからいろいろと「研究」していきたいと思っている。

PCのことはYouTubeでもう一度勉強?をしている。「こじこじ」くんや「吉田製作所」、「せろりんね」さんのチャンネルがお気に入り。特にこじこじくんのオタク文化情報局はときどき「2万円で作るゲームPC」というような動画が見られるのでお金がない自分にはとても参考になる。

モニターもこの際新調することにして、HPの27erをポチッた。ずっと使ってきたEIZOのSX2262Wは画質は素晴らしいけれども老眼やカスミ目が入ってきた自分には少し辛くなっていた。ただこちらもまだまだ使えるので、Macにつないで、Macは今、27erとの2画面状態になっている。

この状態はなかなか便利で、仕事で「ああ、これはなかなか案が浮かんでこない」というような作業をもちかえってMacでやりながら、横ではWindowsで再生したYouTubeを流したりなんかができる。それで逆に作業が進まないということもあるのだけれど。

もうひとつ新調したのがパソコン用スピーカー。Macの方は小さなアンプにONKYOのスピーカーをつないでそれで音を聞いているのだけれど、Windows用のスピーカーがなかったのでどうしようかと思っていたら、ダイソーで売っている300円USBスピーカーなるものがあると知ったので、それを試してみることにした。

値段が値段なので「音が出ればいい」くらいに思っていたのだけれど、実際にパソコンに付けて鳴らしてみるととても300円とは思えない音が出る。普通に売っているパソコン用スピーカーと遜色ないんじゃないかと思えるレベル(言い過ぎかな)。それに形、色が黒のキューブ状でかっこいい。このスピーカーを分解して本格的なエンクロージャーを作って取り付けている人もあるらしいけれど、このままでも自分には十分だ。それは値段が安いからというのもあるけれど、品質としていいものだと思えるから。100均商品にしては久々に「当たり」商品じゃないかと思う。

それで今度はずっとほうっているカメラ周りをまた充実させたくなってきた。お金をあまりかけずに楽しむことができないかと考え始めている。

自作熱

このところウィンドウズ機が別に欲しくなっている。ウィンドウズもオフィスソフトも、マックのVirualBoxを使うかBootCampで立ち上げるかすれば問題なく使えるんだけれど、そういうのとは別に、ずっと以前にやっていたみたいに、ウィンドウズ機のデスクトップを一台組み立てたくなっている。

あと、最近パソコンでPUBGとかフォートナイトとか、よくわからないけれどもゲームをするのが流行っているみたいなので、そういう流行りにも一度乗ってみたい。けれどそれを叶えようとすると結構な高スペックを要求されるので、お金もかかるしためらっている。

以前、自作をしていた時はCPUがPentiumとかAthlonの時代だった。今はそれがCore iシリーズやRyzenということになっているようだ。僕は以前もAMD派だったので、今度自作をするとしたらCPUにはRyzenを使いたい。
オークションサイトなどを見ていると、それらを使って組み立て済みのPCが出ていたりするけれど、できれば自分で部品を集めて新しいケースに組み込みをしてみたい。

もっとも職場ではウィンドウズ機で作業しているので、できればAdobeのソフト類もウィンドウズ版が欲しいところ。けれど今Adobeのソフトを手に入れようとすると、どれもクラウド化されて課金制になっているので、個人的使用には敷居が高いなと思う。オフィスソフトも新たに導入するとなると価格がそれなりにするのでどうにも悩ましい。でもソフト類がどうのこうのというよりは結局のところパソコンを組み立てたいんだと思う。

ところでずっと使っているMac Pro Early2009も今年で販売から10年目を迎えることになる。普通ならもう性能的に買い替えの時期なのかも知れないけれど、この機体には愛着があるし、性能としてもう実用に耐えないということもなく、特に5年ほど前に起動ディスクをSSDに替えてからは動作も悪くないので今後も「母艦」として使っていきたいと思っている。

ただせっかく拡張性のある構造なのにこれまでにハードディスク以外はほとんど取り替えたこともなかったので、少し「テコ入れ」することにして、ビデオカードを販売当時はオプションでしか付けられなかったATI Radeon HD 5770 1GBに変更した。中古品で値が落ちていたとはいえ、今の自分にはちょっと厳しかったのだけれど。

最初、スロットに差し込んで電源を入れても全く動かなかったので、「ハズレをつかんだのか・・・」と焦ったけれど、何のことはなくて補助電源ケーブルを付けていなかったことにだいぶ経ってから気づく。
カードを変更して、しばらくマックに向かってなかったので今頃調子を試しているけれど、実感できたこととしてはVirtualBoxのWindows10の動作がだいぶ良くなった。前は起動も遅くて、起動してからももっさり感が絶えずつきまとったけれど、起動も速くなり、その後の動きも以前よりだいぶ実用的になっている。

写真や動画を扱う場面でもこれまでよりは性能が上がっていることが期待できる。というか、上がっていてくれないと困る。

メモリも、ずっと8GBで使ってきたけれど、中古品の値が下がっていることもあって倍の16GBにしてみた。

きちんとヒートシンクで覆われたメモリでかっこいいなと思っている。MacProのメモリーはエラーチェックというものが付いていて、安定性を重視しているのだとか。なんだかよくわからないけれども、マックの方は自作などかなわないし、こんなことで精一杯の「改造」だけれど、これから長く使っていきたいと思っている。

今年の始動

年賀状作成と初詣

神社の拝殿

今年も初詣には下鴨神社へ行った。仕事で何度もお目にかかった亥の大型絵馬が拝殿に鎮座していた。毎年、自分用の年賀状をつくる時に干支を使うことはこれまでなかったのだけれど、今年は早めに出さなくてはいけない事情もあり、手っ取り早くというと語弊があるけれども、郵便局謹製の無料ソフト「はがきデザインキット2019」を使って用意された亥の素材でつくってみた。

このソフトはAdobe Airというソフトがインストール時に必須になるけれど、ウィンドウズでもマックでも動くし、デザインにはそんなに凝らない、そこそこのものができればいいということであれば十分な役目を果たしてくれる。宛名書きやその管理機能もあるので翌年の年賀状送付のときにも役に立つし、年賀状に限らずはがき全般の作成に使える。こんなソフトが無料で配布されてしまったら、市販の数千円するソフトを買うのはなんだかもったいない気がしてくる。

年が明けて一週間の神社は人の数も適度で参りやすい。これがお正月三が日だと車の数も多くて入るのにも苦労する事もあるし、第一、人混みでゆっくりと拝んでいる時間もない。ということで今回学んだのは、初詣は年が明けてしばらく経ってからの方がいいということ。
おみくじをひいてみたら「吉」だったので、ほっとする。だいたい僕はくじ運がよくない。「吉」なら上出来。

大掃除と過集中

年末、ずっと掃除が出来ていなかった家の中をみまわしてこころの中でため息を漏らしていたけれど、忘年会が終わり、二日ほどして外に出ていた疲れがとれてきた頃、ちょうど大晦日になり、「ちょっと掃除をしてみようか」という気分になった。

基本的にトイレ掃除なんかは週に一度くらいはしていてもおかしくないと思うのに、うちの場合は本当にずっとほったらかしのままだったので、このまま年を越すのはあんまりだと思ってトイレ掃除から。ブラシでごしごしこするようなことはほとんどせずに雑巾に中性洗剤を含ませて一通り洗う。ざっとカラぶきしてドラッグストアで買ってきた芳香剤とトイレスタンプ?をしたら、長い間掃除していなかった分かなりすっきりとしたので良しとした。

それから母親が1日を過ごす部屋、廊下、ほとんど出入りすることのなくなっている、かってのリビング(今は「仏間」になっている。)、自室にも掃除機をかけ、必要なところは雑巾がけもした。僕はあんまり動くといつも頭が痛くなってくるのだけれど、このあたりに来てそれが出てきたので「やばいな」と思いつつ、自室のマックの位置なんかを変えたり、そのマック自体を掃除したりと、最初は「トイレだけでもできたらよし」と思っていたのがついにマックを開腹してほこりを取り除くまでに至った。

僕にはひとつのことにはまり出すとそれにのめり込みすぎてしまう癖がある。掃除や整理は、ここのところはほとんど出来ていなかった事なのに、そうしていったん始めてしまうと今度は気になるところがあちこち出てきて止まらなくなる。そうするとご飯を食べるのも忘れてそのことに没頭してしまうことも少なくない。これはもしかすると自閉スペクトラム障害に見られる「過集中」に近いことかも知れないなどと考えたりする。

水仙

川の想い出

いつも犬を連れていく川沿いの細い道端に水仙がかたまって生えている。道端といっても土手になっているので、写真を撮ろうとすると少し土手を降りて窮屈な姿勢でiPhoneをかなり地面近くに構えてでないとこのように撮れない。この川やその周辺は小さな頃のすばらしい遊び場だった。

当時はまだハエのような魚が泳いでいるのを眺めることができたし、僕らは網を持ってそれを捕まえようと川にも入った。石の列で流れを誘導してわなを作り、手づかみで器用に捕まえる子もいた。僕だけは近所の子供の間で一度も手づかみができなかった。時には大きなフナが上がってくる事もあって、それを網で捕まえた時には大いに心が弾んだ。フナはからだに傷を負っていたのを覚えているから、だいぶ弱っていたのかも知れなかった。

この魚つかみについては父親の方が熱心な面があって、自営の飲食店がひまになる時間をみつけては弟と僕のかわりに川に入り、魚を追いかけていた事もあった。一度ぼくと弟とで魚を追う役目をして、父親が水中で網を構えていたらそれにたくさんの子をお腹に抱えたフナが入って、重そうに網を持ち上げた父親が本当にうれしそうに、ぼくら以上にうれしそうに笑っていたのを覚えている。

母親の不安と「8050問題」

年末からこの「ノート」について、

  • もっと障害当事者です!感を出していこう。
  • こまっている事を具体的に書いてみよう。
  • できればこのサイトでアフェリエイトとかして収益を出す事も目指してみようかな。

なんて大それたことを思い始めてサイトの改装なんかもしてみたのですが、いざやり始めてみたら、今度はかんじんの文章が書けないままでいることに気がつきました。これでは本末転倒です。

ああ、これではいけないな、ともかく何か書くことから、また始めてみないとと思って今はこの文章を打ち始めています。かといってせっかく思いついたことも簡単にあきらめることもできず、文章を書く事とそれらとをうまく両立させていくことを目標にしてはいきたいのです。

年末年始観

年末年始、この期間が昔からあまり好きではありませんでした。年の押し詰まる感じにやられ、何か皆が急いでいろいろな事を「納めて」いくのについていけない。そもそも自分にとって「納め」るべきことがない。そういう気分で過ごした年末がこれまでいくつもありました。焦りを覚えて、そして気分が沈んでくるので自分ではそんな状態を「年末うつ」などと名付けていたものです。

テレビなんかを見ていても、「この一年お疲れ様でした。年末年始は家族揃ってたのしい時間を過ごしてね」感が溢れていて、そういう情報にもやられる。自分はたいして仕事らしいこともしていないし、お疲れ様の言葉はふさわしくないと自分でも思うし、年末年始をいっしょに楽しむ家族も、まあ、いない。家族としては高齢の親がいるけれど、こちらの方は健康面がいつも心配で、今年も「なんとかいっしょに年が越せた」という一時的な安堵感しか湧いてこないのです。

不安を口にする母親

母親と一緒なのですが、特に去年の後半ごろからは僕が外に出て行くのを心細がるようになりました。いちおう仕事には出て行かないといけないのですが、その時間はなんとか我慢している様子です。けれどもそのほかの時間、たとえば帰ってから犬の散歩に出るのでさえ不安だと言います。少し買い物をしてくるのも、「暗くなってから出ていくのが不安」だと。まして休日に外へ少し長く出かけるなどと言い出したら、どこへ行くのか、何時に帰ってくるのかと質問が飛んできます。これでは少しの息抜きに外で写真を撮ってこようなどと思う気持ちもますます湧きにくくなってきます。

けれども母親も内部に疾患を抱えながら、からだの痛みに耐えながらの生活ですから、確かに家に僕がいない時には不安になるのも仕方がないと思うのです。そういう時のためにお昼の見守りとしてヘルパーさんを頼んだり、マッサージさんをお願いしたりはしていますが、家族以外の人が家に入ってくるのを母親は嫌がります。緊張するようです。

それでも思うのは、それなら自分が母親と仕事以外の時間をべったりと過ごすのが本当にいいのだろうかという事です。介護も、これ以上重度になっても自分ががんばってぎりぎりのところまでそれをするのがただしいことなのだろうかとも思います。家族といっしょに過ごすというのは、ほんとうにいつまでもそうしたいし本来のあり方なのかもしれないけれど、それを無理してやっていくことでお互いにつぶれてしまう、精神的にも身体的にも疲労困憊してしまうようではいけないのではないかと思うこともあります。

社会とつながって「8050問題」と立ち向かう

いわゆる「8050問題」に、うちも突入しているわけですが、少なくとも社会とのつながりを断って問題を抱え込んだまま親子で自滅していきたくはない。親としてはケアマネージャーさんやヘルパーさん、自分は発達障害の支援員さん、その他、これまで繋がってきた社会的資源、人とのその繋がりを保って、これからも生活していきたいと思っているのです。

「ほぼ日手帳」も併用

ほぼ日手帳2019

手帳について。

手帳をどうするかは前のノートでも書いたのだけれど、そこでは結局これまで通りシステム手帳の中身を入れ替えて使っていこうということにしていたのだけれど、それはそうするとして、やっぱり「ほぼ日手帳」も欲しくなってきたのでそちらもまた併用して使ってみることにした。

幸いカバーは数年前に使っていたものをお薬手帳や診察券なんかを整理するために転用しているものがあるので、手帳が届いたらそれを付けようと思う。

どうしてほぼ日手帳が気にかかるかというと、1日に割かれているスペースが多いところ。今、少し考えていることがあって、そのためにはアイデアをできるだけたくさん浮かべることが大切なので、1日のスペースが多ければその日に思いついたことが余裕をもって書けるだろうと。

別にアイデアを浮かべるのに日にちは関係ないのかも知れないけれど、その日のスペースがそこだけしかないと思えば、その日の間にそこへ書き込むという動作をしたくなるんじゃないかという期待を持って。

続きを読む

苦しみの「見返り」

スマホ話がまだ続く。その後、いろいろと思うところがあって、ようやく落ち着いたかに思えたiPhone7Plusも手放すことに決めて、結局手元にはiPhoneXがやってきた。iPhoneは中古価格もなかなか落ちないのがいいところでもありわるいところでもあるけれど、幸い7Plusの人気がまだ高いので、先に手放したZenFoneと合わせて一年落ちのXを持つぐらいのことができるんじゃないかと思ったらできた。ということで、お金はないのに一体何をしているのだろう。けれど、これも自分の日常のモチベーションになっているのだとしたら、今は必要なことなんだろうと思うことしておく。

ワードプレスの新しいエディター、「Gutenberg」を試している。記事のすべての要素をブロック化して明確にすることに主眼が置かれていて、これが実際使いやすいかどうかは今の所まだはっきりとはしないけれど、ひとつ気に入ったのは文章作成に集中するのに不要な表示(ダッシュボードのメニューやらエディター自身のそれやら。)を消すことができる点。

「OMMWRITER」というエディターがあって、それだと画面にあるのは自分が作成している文章のみ、好めば静かな環境音を流しながら文章を打ち込んでいくことも可能だったので気に入って使っていたことがあった。けれどこれが有料になってしまったので他の似たようなエディターも探してみたのだけれどなかなかなくて、うるさい画面のワードプレス標準エディターに甘んじていたけれど、この「Gutenberg」は案外いいかも知れない。

続きを読む

iPhoneと手帳

iPhone7Plusと手帳

なぜか手元に中古のiPhone7Plusもずっと持っています。ZenFone5を手に入れる前から。

この間、「見た目iPhone」にしたZenFone5のことをノートに書いたのに、なんだか「見た目」を真似たいのならそもそもiPhoneを使ったらどうなの?と思うようになって、simカードをiPhoneに入れ替えてしばらく触っていたら、なんだかそちらもやはりいいように感じて来てしまい、ZenFone5は初期化してしまいました。

なんと移り気なんだろうと自分について思いつつ、でもiPhoneの使い心地はなんだか自分に優しい。「戻る」ボタンがないのが心もとないかなと思っていたけれど、iOSでアプリを終了させる時には躊躇なくホームボタンを押せばいいのだと思えば、それはそれで気が楽です。サイトのページを戻りたかったらさっと左から右へスワイプすればいい。トップへもすぐに戻れる。
カメラも、最新のAI技術はないけれど、癖がなく自然に撮れるという意味ではiPhoneのカメラは「鉄板」だと思います。

そういうわけで、実はしばらく迷っていたスマホの選択は、最終的にはandroidからiPhoneに戻る、ということで落ち着きそうです。

続きを読む

スマートフォンをチェンジ

これまでスマートフォンは2年半ぐらい、ファーウェイ社製のhonor6Plusを使ってきました。安いけどそこそこさくさく動く。何より今の高機能スマホの主流になっている二眼レンズを早くから備えていて深度コントロールが可能です。背景ボケを生かした印象的な写真がスマホでも撮れる。大きさの割には軽く、iPhone6Plusと同じ画面サイズ、5.5インチの割には片手でも操作がしやすい。そういうところを気に入ってきました。このノートに使っている写真の中にもhonor6Plusで撮ったものがたくさんあります。

iPhone3Gの時からずっとiPhoneを使っていましたが、iPhone5になった頃から月々の通信費は上がるし本体代も負担に感じてきたのでどうしようかと思って、それでも本体をiPhoneのなかでは廉価な5Cに変えて通信会社をMVNOのマイネオに乗り換えることでなんとかしのいだのですが、今度は画面の小ささに目が追いつかなくなってきて・・・。大きな画面のiPhone6Plusが欲しかったけれど、もはや価格的に自分が手の届く範囲をはるかに超えてしまっていました。

それで価格的にも機種の豊富さでも選択肢の多いandroidに乗り換えることにしたのですが、正直、最初のうちは操作に慣れなくて「なんて使いにくいOSだろう」なんて思っていました。設定もいろんな場所にあってわかりづらく感じたし、操作もiPhoneのように物理的ボタンがなく、「戻る」なんてボタンが液晶上にある。なんだこれは?と。しばらくはiPhoneに戻りたくてしょうがない時期もありました。

でもなんていうんでしょうか、使っている間にだんだんとこれはこれで使う上で便利なように出来ているOSなんですね。最初のうち怪訝に思っていた戻るボタンも、もうこれを押してアプリを終了しないと気持ち悪く感じるように。物理的なボタンでないので指に負担もかからない。iPhoneだとボタンを二度押ししないと出てこない立ち上げているアプリの一覧も、androidならやはり液晶上のボタンに触れるだけで出て来る。

そして、androidが便利だなとしみじみ思うのは、グーグルの検索がデフォルトになっていてGoogle製のアプリと連携が取れていること。

続きを読む

台風がいきました

家の前の白い花

去年に父親をなくしてからいろいろとやることが面倒くさくなってしまい、時間があると疲れて横になることが増えてしまった。おかげで?一時10キロ近く減った体重なんかは戻ってきたけれど、戻ってきてしまったけれど、いろいろと面倒なのは一向に直る気配がない。部屋も、以前は一週間に一度は整理して掃除機をかけることが出来ていたのに、今はもうずっと置いたものはそのまま、掃除機もかけることがなくなった。これではいけないと思って少し整理しかけても途中でどうにもしんどくなってきてまた横になってしまう始末。

この日常ノートも、キーボードを打つのがどうにも面倒で、また、内容を考えるのが(以前は何も考えることなく打ち始められていたのに。)面倒くさくて、ついに一ヶ月に一度つけられたら上々という感じになってしまった。夏の暑い間はそもそもマックを起動することも少なくて、ネットはもっぱらスマホで見ていた。

続きを読む