フォトショップ」カテゴリーアーカイブ

一日中寝ていたい

先週半ばあたりから疲労感が増してきて、できれば一日中、寝ていたいと思うようになった。考えてみればこの春、4月くらいから父親の食欲が減退してきて心配をし出してからこれまで、緊張することが多くて、また実際に緊張を呼び起こされるイベントも続いた。父親がいなくなってからは手続き事が重なり、これからまだ手をつけないといけない仕事もある。それらのことを考えていたらなんだか気持ちが限界点を超えていた。ちょっとした刺激でイライラするし、先をものすごく悲観するようになった。

仕事を断られる

今年はどうも「ツイていない」年のようで、20年近く頂いてきた仕事も父親の状態が悪くなっていくあたりと合わせるように断りの連絡が入ってきたりもした。ちょうど主治医の診察を終えて薬局の駐車場に着いた時に連絡を受けて、確かに今年は発注も随分と遅れていたし、それから仕事をいただいてもかなり焦って仕上げないといけない頃合いだった。けれど仕事を頂いていれば父親の様子を見ながら病院のデイルームででもやり抜こうと考えていた。収入の上では毎年とても頼りにしていたものだったので、このことではかなり力を落とした。その代わりの仕事も入ってくる様子はない。

MacOSをEl capitanにアップグレード

強い緊張と悲観をごまかすために、MacのOSをこの際できるだけ最新のものへと上げてみることにした。デスクトップは「裏技」を使えばmacOS Sierraにできないことはないようだけれど、ここは無理は避けることにしてこれまでadobeのソフトのためを考えてOS X mavericksにしていたものをEl Capitanへとそのままの状態で更新した。僕のadobeのソフトのバージョンではそこまでは全く対応していないし保証もない。確かにエラーも起きたりする。これではとても仕事で使うべき環境ではないけれども、調べてみると少なくともネット上ではそこをクリアしている人もいるし実際に対処をしてみたらイラストレーターもフォトショップも、El Capitan上でエラーなく動くようになった。これが本当に「完全に動いている」と言えるのかどうかはわからないけれど。

ちなみに参考にしたのはこのサイト。

http://doratex.hatenablog.jp/entry/20160921/1474401468

それとsafariやchromeのバージョンも新しくなったので、これまで読み込みでエラーが出ていたサイトでそれがなくなった。

続きを読む

新しいMacがほしい

見下ろす流れ02

久しぶりに外をしばらく歩いたら寒さもあってけっこう疲れた。夜中は作業をする時間にしているけれど、まだ納期もたくさんあることだし・・・とついつい思ってしまい、なかなかはかどらない。

このあいだ診察へ行く時に、先生に今の状況を説明するのと残薬数をお知らせするのに紙に文章を印刷して持って行った方がいいだろうと思ってアップル製のワープロソフト「Pages」をたちあげた。Pagesはアップルがマイクロソフトオフィスの「牙城を崩す」とまではいかなくても、個人使いだったらこれで十分じゃないでしょうかという感じで作ったワープロソフトで、この他にNumbersという表計算ソフトとKeynoteというプレゼンテーションソフトがiWorkという名前で一体のソフト群となって販売されていたものをだいぶ前に購入したのだった。その後2014年製以降のMacにはこれらのソフトは標準で付いてくることになり、今はAppStoreでそれぞれ個別に購入もできる。

ひとつが2000円台半ばのソフトなので割と気軽に導入できるはずのものだけれど、普段それほど使うことがないので最初に買ったiWork’08に含まれているものをこれまで習慣のようにインストールしては、そのままほとんど使っていない。他にマイクロソフト製のオフィスを持っている人であればたぶん使うことはないと思う。そちらの方がワープロとしての機能はさすがにずっと上なので。

ただ、さっき書いた、先生に近況のお知らせをする程度の役割ならPagesは手軽でいい。あんまり使い方を知ろうという気持ちもこれまで起きてこなかったのでページ設定がどこにあるのかさえ調べたこともなかったけれど、その時に限って「四方の余白をもっと縮めたい」という気持ちが出て来てネットでやりかたを調べたら、「インスペクタ」というボタンを押すと設定のためのメニューが出て来て簡単に余白を縮めることができた。

ところでこれはPagesのお話ではなくて、フォトショップで囲み枠を作るにはどうすればいいかという、自分のかねてからの疑問が解けたという話。
(自分の使っているフォトショップのバージョンはCS5.1です。)


フォトショップには四角形ツールや楕円形ツールはあるけれども、たとえばそのままで四角形を書くとその時設定している描画色の四角が描かれるだけなので、塗りなしの囲み枠ってどうして作るんだろうとずっと思っていました。たとえば以下のような。

フォトショップで囲み枠を作る01

イラストレーターなら簡単にできることですが、フォトショップだとこれのやり方がわかりませんでした。
答えはこうでした。四角形の囲み枠を作るのであれば、まずその部分を長方形選択ツールで囲みます
次にメニューの「編集」から「境界線を描く」を選択します。

フォトショップで囲み枠を作る02

すると次のように境界線の設定画面が出てきますので、幅や色などを決めます。

フォトショップで囲み枠を作る03

OKを押すと一番最初のような囲み枠が描かれます。

わかってみると実にあっけないことですけど、わかるまでは本当に謎でした、自分にとっては。特にイラストレーターを使うことの方が多くてフォトショップは写真の修正や加工程度にしか使わない事が多いので、ちょっとしたことでこうしてつまずきます。

メニュー形式はお互いに似ていても、イラストレーターとフォトショップとでは扱う画像形式がまったく違っています。そこでこういう戸惑いも起こるんだろうなと思いました。


こういう、人には簡単なことでも自分にはわかりづらいことはやがてはTipsとしてこのサイトでもやはりメモ的に集めて残しておくべきかも知れない。
たとえばMacでWindowsをいちいち立ち上げなくても一太郎ファイルを確認するのにWineというソフトを使ったけれど、その導入の仕方をもう忘れかけてもいるし、ローカルのMacに仮想のサーバーをたち上げてワードプレスを稼働させるMAMPの使い方もやっぱり忘れかけている。

せっかくMacをつかっているのだし、今は仕事としてはほぼ使わないMSオフィスはちょっと措いておいて、ワープロならPages、表計算ならNumbersの使い方を覚えるのも楽しいかも知れない。残念なのは、そう考えたとして、最新のPagesやNumbersを購入したとしても、自分のようにOSを事情があって古いものに戻している場合には、そのソフトの最新の機能が使えないようになっている場合がある、または使えないということ。たとえば今AppStoreで販売されているPagesやNumbersが適合しているOSを見ると、OS10.12以降にしか対応していないような表記になっている。そんなにたくさんの人が、新しいMacを買って、あるいはこれまでのMacを最新のOSまでバージョンアップして使っているんだろうか。使っているんだろうなあ。

僕のMacも、デスクトップは2009年製だとはいえ、OS10.11 El Capitanまでにはアップデートできる。一番気にしているAdobeのCS5も、少しの不具合(フォントのプレビューがイラストレーター内でできないことと、対策を講じないとアプリを終了する際に不正に終了した旨のメッセージが出ること。)を我慢すればまだ動かせる。ただしそれでお金を頂く仕事をする可能性を考えると、安易にエラーがでる環境に移行する気持ちは起こらない。

一方でアップルは商売上、機体をどんどん更新していくし、OSも同じようにアップグレードしていく。それと共にサファリやクロムといったブラウザも、旧バージョンの開発は止まり、新しいOSでないと場合によってはサイトが正確に見れないといったケースも出て来たりする。一方でAdobeのソフトはそう簡単にバージョンアップできる状況ではない。となると、もう一台、最新の状況についていけるMacが欲しくなってくるなあ。古いソフトが安定して動かせる環境を残したMacと、最新の機能が使えるMacと。どんどんとアップルの罠にはまりそうになるなあ。・・・新しい機体なんて今はとても買えないけど。

突き詰めない

父親が夕方の買い物と犬の散歩をかねて出るとき、車から降りなくなった。寒いのだという。確かに。なるべく人気をさけて犬をしばらく連れて歩く。一日の唯一の運動。壁はやっぱりほったらかしになっている。そのかわり、唯一暖房をフル稼働させている親の部屋で春先までに仕上げる依頼作業をしている。

話が飛んでしまうけれど、この間、運転をしていたら前のスピーカーがおかしな音を出すようになっているのに気がついた。やがて音さえ出さなくなったので何が原因か探ろうと、パソコンの作業に疲れた合間にカーステレオの状態や前スピーカーの結線の様子などを調べてみるたけれど、特に異常なところもない。(スピーカーの結線の状態をみるとき以前したようにドアの内張りを外したらネジをひとつなくした。)
その後、最初からそれを試せば良かったのに、ステレオのスピーカーの結線を前後で入れ替えてみたら前が鳴ったので、原因はステレオそのものだとわかる。ああ、ネジをなくしてまでなんで最初にスピーカーの様子を見ようと無理するんだろう。この計画性のなさ。

今の20代くらいの人は車にあんまり関心がないという。僕らの頃は違った。たぶん、「車がないと生きている意味が無い」というぐらいの存在だった。そして必ず車内で音楽が聴けないといけなかった。だから今カーステレオがおかしくなるとそうして異常に慌てる。別に、2つスピーカーが鳴っているんだし、お金もないんだから応急に直したままでいい・・・なんてとても思えない。すぐにオークションで適当なものを探して手に入れようとする。普段は数百円でもかなり考えるようになっているのに、こんな時にその思考はふっとんでしまう。でも人間、少しの偏りはあって普通なのかも知れない、と誰かが言っていたような気がする。僕にとってそれはパソコンやスマホであり、そして車だ。飲んだり打ったり買ったり(何を?)しない分、デジタルガジェットと車の存在はとても大切になっている。

今のユニットも、一年ほど前に中古を数千円で手に入れたのだった。iPodから外部入力端子を通して音楽を聴いている。スマホにナビをさせている。スマホのナビはとても便利だ。専用機なら少し高めのものでないと機能としてついていない渋滞情報がふつうに表示されるし、地図の更新も早いし無料なのがいい。データ通信量も思いのほかとらない。僕は地理感覚が本当にだめで、空間として全体を把握するのではなく、点として今いる場所を把握する(そうしかできない)特性があるから、その点にまで行くのに迷いだすともうだめだ。なので僕にはナビが必ずいる。

父親の診察を終わって、帰ってから買ってきたものでおかずを作ってしばらくテレビを見る。甘利大臣は、あれはまっくろだな。「黒」という色が悪いという観念には抵抗があるけれど。ともかく追求さえしていけばどんどんと疑惑は膨らんで行きそう。けれど今の政権はその本人を表舞台から消すのに長けている。民主党政権時代には小沢さんをあんなに追求し続けた検察は、今はやる気をどこかにやってしまったかのよう。

賞味期限切れの、廃棄すべき食品が再流通しているのは、あれは「上流」も含めて「ぐる」になっているような気もする。テレビでは「最後まで食べ物として全うさせたい」と、生協の人がホームレスに食事を提供するNPO団体に廃棄する寸前のものを無償で提供しているところがさもすばらしいことのように紹介されていたけれど、あれがそんなにすばらしいことなのかなあ。どうせなら最初から新鮮なものを提供するのが本来なんじゃないだろうか。経済があるからそれは駄目というのなら、結局、それは人道的なことのように見えて実は「損をしないでええ格好をする」ことになるんじゃないだろうかとも思うけれど、それは書かないことにする。ああ、書いているか。
続きを読む