春の気配

川沿いの梅

昨日、NHKBSで飼い主から放棄された犬や猫を紹介して、新たな飼い主を募集する番組をやっていた。僕の年代なら、80年代に教育テレビで「You」という、当時の若者向け番組のMCとして記憶にある糸井重里さん(個人的には「ほぼ日手帳」で今お世話になっている。)が出演されていて、他のゲストといっしょにいろんな事情を抱えた犬や猫の様子を親しみと共によく伝えられていた。

この手の番組は見たことがないので興味深く見ていたら、どうやらドイツに同じような番組があって、はっきり言うとそれを「パクった」ものらしかった。
けれど、こんなパクりならどんどんやればいいと思った。

飼い主が見つからず、幸いにもボランティアさんの手で救われた命の存在を、テレビというメディアで広く伝えて新しい飼い手へとつなごうとする試み。公共放送として本当にふさわしい内容だと思う。これはぜひ定期的にやってほしい。

そして、こういう番組を契機に、NHKはもっと公共に資する放送局に変わるべきだ。たとえば、「公正中立な立場からのニュース」なんかはあり得ないので、与野党が対立するような政治ニュースはやめて、ふだんの天気予報とか、多くの人に影響がありそうな事故や災害関連のニュースに比重を大きく移すべきだと思う。

「公正中立」といえば、今のように政権が大きく右に舵を切っている状態の時には、「中立点」も大きく右に動いてしまう。これがもし、社会党が政権をとった時の「中立点」のままでNHKがいたら、おそらく今の政権与党なら「NHKは左寄りだ」と大きな非難を浴びるだろう。なので「公正中立」なんていうのは茶番に過ぎない。

この日曜日、沖縄の辺野古新基地建設(「移設」というけれど、辺野古に基地ができても普天間がそのままそっくり返還される保証はなにもないので、あれは新基地建設だ。)についての住民投票が行われるにあたって、NHKがニュース9で伝えたのは、「以前は基地建設に反対だった若者が、その後いろいろと考えたあげくに住民投票を棄権しようと決めた」という内容だった。

NHKとしては、「この伝え方なら「賛成」にも「反対」にも触れていないから公正中立的立場ですよ」と言いたいのかも知れないけれど、もしこんな理由で投票を放棄する人が大きく増えていれば、結果として投票率は有効の目安の50%を切っていたかも知れない。実際には投票率は52.48%だったわけだけど、NHKの事前の「放棄を決めた若者」報道がこれを上げるのではなく、押し下げる方向に働いていた可能性は大いにある。

もし投票率が50%を切ってしまって住民投票が無効になっていたら、基地建設に反対が多数を占めるだろう結果を見ずにすむ現在の与党をはじめ、辺野古新基地建設賛成(黙認)派にとっては好都合だったに違いない。ただ実際には建設反対が72.2%を占めて投票資格者の1/4を超える結果となった。

NHKがやるべきことは、こんな間違った「公正中立報道」に腐心することではなくて、もっと市民の生活に密着した情報を提供することなんじゃないかと思う。そういう意味では捨てられた犬や猫を紹介するといった番組はとてもいい。ニュースはお天気とスポーツニュースと、多くの人が関わるような事件、事故、災害にのみ注力すべきだと思う。

ということで、少ししんどかったけれども、うちの犬もまともな生活をさせてやらないといけないと思って、少し長めの散歩に連れて出た。まだ2月だけれども今日はとても暖かくて、もう春が近いことを感じさせた。川の土手沿いを歩いていたら梅の花が開いていたので写真を撮った。犬もいつもよりたくさん、そこいらの地面や草の匂いをかぎまわった。

台風がいきました

家の前の白い花

去年に父親をなくしてからいろいろとやることが面倒くさくなってしまい、時間があると疲れて横になることが増えてしまった。おかげで?一時10キロ近く減った体重なんかは戻ってきたけれど、戻ってきてしまったけれど、いろいろと面倒なのは一向に直る気配がない。部屋も、以前は一週間に一度は整理して掃除機をかけることが出来ていたのに、今はもうずっと置いたものはそのまま、掃除機もかけることがなくなった。これではいけないと思って少し整理しかけても途中でどうにもしんどくなってきてまた横になってしまう始末。

この日常ノートも、キーボードを打つのがどうにも面倒で、また、内容を考えるのが(以前は何も考えることなく打ち始められていたのに。)面倒くさくて、ついに一ヶ月に一度つけられたら上々という感じになってしまった。夏の暑い間はそもそもマックを起動することも少なくて、ネットはもっぱらスマホで見ていた。

“台風がいきました” の続きを読む

障害者に多様な収入の機会を

春の公園01

久しぶりにワードプレスのエディタを開いてみたものの、いったい何を書けばいいのかわからない。

そういえば最近、またホームページを作ってみたいとふと思って、以前使っていた作成ソフトを再インストールしてみた。けれどもそれを使ってどんな中身のサイトを作ればいいのかがわからないという本末転倒状態に陥っている。なぜページを作ってみたいと思ったのかというと、今のひどい焦りの気持ちをひとときどこかに閉じ込めておくのに、そんな作業をするのがいいんじゃないかと考えたからで、何かを特に伝えたいということではないから、テーマが浮かんで来ないのも当たり前なんだろう。

ところで、このサイト作成ソフトを作っているのがデジタルステージというところで、これは「劇団第三舞台」なんかをプロデュースしている会社、サードステージから派生した会社らしい。一番最初にこのソフトを購入した時に社長の製品に対する思い入れがやたら強かったので興味を持ってその人をネット上で追っていたら、ある時、「自分が人にこころというものがあるとわかったのは30歳になった時ぐらいから」と言っているのを聞いて、ちょっとびっくりした。

そしてそれがどういう意味なのかよくわからなかった。少なくとも会社の代表を務めようとすればそれを支援してくれる社員を集めないといけないし、それをまとめる魅力が当人にあるべきだということになる。もしその人が「人にこころがあるなんてわからない」となったら、それだけの配慮もできず、会社なんか作れなかったんじゃないかと思った。ただ、他にその補佐をする人がいて、自身もようやく30で相手の気持ちを慮ることを覚えたというのであれば、持っている優れた能力(ソフトウェア開発)を生かしつつ、集団の代表になることもできたということなのかも知れない。

ある意味、発達障害の一種「アスペルガー」に似た状態にある人のような気もした。けれどネットで見る限り、人との会話は流暢だし相互に理解し合うこともできている。

優れた能力を持っている。しかし人の心の中には興味はなくあくまで自分が中心である。そのことについて特別罪悪感を感じることもないし、人から受ける感情に気持ちが左右されることもないという状態は、もしその能力で仕事が出来て行くのなら僕には逆にうらやましい存在だ。実際、そういう人も見て来た。高校の頃は周りとほとんど話すことがないけれど成績は飛び抜けているという人もいたし、以前いた職場では普通の会話はできるけれど飲み会などには一切出ない。けれど仕事はよくできるのでその点では一目置かさざるを得ない。上司はその人を嫌うけれどもその人はそれで特別苦しんでいる感じはない。そんな人もいた。

“障害者に多様な収入の機会を” の続きを読む

自分を突き動かしていたもの

春04

春が近づいてくるにつれて、やたら疲れやすく、眠たく感じる時間が増えた。少し動いては横になり、ちょっと眠って次のことがようやくできるという感じ。強い悲哀感を感じることも増えて、しばらくパソコンに向かう気もしなかった。悲哀感は、特に寝起きの時にやってくることが多い。悲しい夢を見て起きてもその余韻が残っていたりする。時には涙が出てくることもある。どうにも起き上がる気になれない時には頓服としてもらっているデパスを飲む。自分としてはこの悲哀はどうも親の体調ともっとも関連しているような気がしている。寒さがましになってきて、そのことでの心配は減ったけれど、加齢に伴って言動がどうもぼんやりとすることのあるのが寂しい。仕方がないことだとは思うけれど。特に父親はこれまで人に頼られ交わることに生き甲斐を見いだしてきたので、そういう機会が少なくなると反動のようにぼんやりとすることが多くなった。かといってあんまり人に頼られて動き過ぎるのも本人にはしんどい。

母親は自分と似ている。ふだん、人と出会うのは緊張するのでなるべくひとりでほっとしていたいと思う。けれど人恋しいところもあって、いったん安心できる人と出会うと今度は安心しすぎて多弁になったりする。思いつくことを反射的に言葉に出していたりする。けれど後になってそれを思い返すと、本当に自分の気持ちに沿ったことを言っていたのかな?という疑問がわいてくる。何につけ、もうあんまり自分は前にでないようにしようと思う。

“自分を突き動かしていたもの” の続きを読む

春の気配

おひな祭りの金平糖01

父親が20年弱前に地元のお寺に提案して実現させたお雛様のお人形供養。今年も行われました。最初の頃はお寺が主催ではなく、人形をうけつけてそれを飾り、供養が終わったものを運び出すまですべて家族だけでやって、供養のときだけお寺さんにお願いするという形だったと覚えているのですが、もうあれから20年近くが経ち、お寺の行事としても定着してきて、父親の健康状態のこともあり、そろそろ「バトンタッチ」する時がきました。

父親は物事の提案者として優れた面をもっている人だと思います。「これまでこうだったからその通りにする」ではなくて、何か新しいことをいつも考え出してはまずそれを自分が実践し、やがて周りを巻き込んで行く。そういうことができる人だと思っています。

「あの人はああいうけれど、そんなことができるわけがない」というところを、「やってみたらできた」というところにまで引き上げる力がある。ある意味、「冒険」に近いこともあるのでもちろん実現しないことも多かったけれども、何もやらずに最初からああだこうだとそれらしい理由をつけてあきらめることはしない。

先月から今月初めにかけては、過去の記憶やら今これからの不安なんかに悩まされて、時に頓服も飲みながら作業をしていました。まだ結果は出ていないけれど、自分としてはベストを尽くしたので、たとえ失敗があったとしてもやり直すのみで、これでよかったと思っています。

今日はだいぶ暖かかったので、布団を干したり、カバーを洗ったりしました。

ラボラトリもご覧ください

ラボラトリ」で動画祭り!をやってます。COSMOSさんの協力を頂いて作ったコラボレーション作品で、自分としては力作なのでどうぞご覧ください。iMovieとApertureで作りました。固定ページでページテンプレートが選べるという事をおとついあたりに知って、サイドバーを取り除いて全幅表示にしたらムービーが大きくなりました。これだったらもっと高画質の大きなムービーにすればよかったかな。いずれやり直すかも知れません。

ゆうべ、新しい中古の、「バッテリーの交換修理」警告の出ているMacBook Airにもmampを入れて設定をしてと、続けて作業してみたところ、正味2時間はバッテリーのみでいけるかなという感じ。イラストレーターとフォトショップを同時にたちあげて相互に切り替えながら使うという用途だったらもっと短くなるだろうか。Wi-Fiでの通信が発生すると結構電力をくいそうな感じがするのでローカルでの作業ならそれも軽減されるのかな。そう期待したい。

もっとも家の中で場所を変えるだけならコンセントにつなげることができるからバッテリーの保ちは関係がない。デスクトップの前でじっとして・・では煮詰まるからたまにはマクド(関東ではマック)でコーヒーでも飲みながら作業したい、という用途のときにどれだけ保ってくれるだろうかが問題。でも、そんな時にそう何時間も居座るわけではないし、2時間保つのなら十分かなあ。第一、冬のマクドは寒い。

一番いいのはストアに持ち込むのでも自分で交換するのでもいいので電池を換えることだけど、お金がないしなあ。ほんとにない。MacBook Air購入の事態に至ったのも、これまでなんとかがんばってくれた2010年製のAirの液晶が故障したからだし、それはのっぴきならないことだった。それで今年一番の買い物で2012年製のAirを手にした。これが限界。おなかいっぱい。
“ラボラトリもご覧ください” の続きを読む

SurfaceProに目移りする

寒くなってくると(暑くなってきても同じなのだけれど。)からだの調子が落ちる。明るい時間も短くなって、何かしら作業をしようと思ってもそれができる時間も短くなってしまっている。起きるのが遅いから余計に。そういう時には一日の間に「何かひとつ」できたらいいんじゃないか、と自分に言い聞かせている。

昨日はだいぶ前から気になっていた家の裏の整理をした。溜まった落ち葉をゴミ袋に集めたり、部屋の壁や天井直しをして出た木材を細かくしたものもまた袋に入れ、捨てられるようにした。まだその作業は終わっていないけれども、もう少しがんばればすべてゴミとして捨てられるというあたりまでは来た。父親のセニアカーを入れておくためのテントの一部が裂けてしまってあまり人に見せられないようになっていたので、家裏の整理した部分へそれを移動した。しばらくトイレ掃除ができていなかったので床に掃除機をかけてから中性洗剤を使って便器や床を拭いた。そのあと水拭き。

今日はほんとうは昨日の続きで家裏の整理をするか、二階の北側の壁(一方の部屋の方には断熱材を入れた。)に石膏ボードを貼る段取りをしたかったのだけれど、午後早くから母親の歯医者の予約があったことをスマホのリマインダーのお知らせ音で気づいて、その付き添いと夜ごはんの用意のための買い物に出た。またおでんを作ることにして材料を買い、帰ってからゆで卵と鳥のもも肉を加えて熱くして出したら、冷たいものがだめで熱いものを好む父親がよく食べてくれた。食べるとすぐ眠くなってしまって片付けはどうしてもちょっと?休んでからになる。ヘルパーさんが来られたときに台所に食べたままの食器や鍋がそのままだとかっこわるいと思って、いつも遅い時間に洗い物をしている。

今日はマックをさわっていてひとつ発見をした。春と夏にやっている作業でどうしても一太郎文書を扱う必要があるのだけれど、一太郎(およびビューワー)はMacOSでは動かないのでVirtualBoxで仮想化したWindowsで一太郎文書を開いてテキストをコピペしてマックに持ってくるということをしている。もちろんそれで問題はないのだけれど、「夢」としてはWindowsにディスクを圧迫されることなく、MacOS内だけで原稿の処理もしてしまいたい。それが可能かもしれない、いや、可能だろうということがわかったこと。そのためにはこのページで配布されている「Wine.app」というアプリをインストールする。すると一太郎文書を開いてテキストを拾える一太郎ビューワーをMacOS上で起動することができた。
“SurfaceProに目移りする” の続きを読む

持たない生活

寒さを感じるようになってきてから、暖房を切った部屋でパソコンを触るのもおっくうになってしまい、ノートの更新も減っている。

この間、近く(といっても車でなら、という意味での近く。)の公園へ行って、ものすごく久しぶりに一眼レフカメラをもちながらぶらぶらとしてきた。日が短いのでなるべく明るい間に行きたかったけれど、それ以前に親の薬を取りに行ったりする用事があったので、着いたときにはもう山のうしろへ陽が隠れかけていたのが残念だった。まだ本格的な紅葉には少し早くて、全体的に「いまいち」な感じがした。平日で人が少ないのは歩きやすくてよかった。

カメラも、最近はスマホのそればかりに頼ってしまっているし、一眼レフの方は経済的な理由でいくつか持っていたレンズも一本を残して譲渡してしまった。今から思えば明るい単焦点レンズをひとつくらいは残しておけばよかったなと思うけれど、一本のレンズをいろいろと工夫をしながら使い倒すというやり方が今は似合っているんだろうなと思う。もちろん、お金のことはあんまり考えず趣味に使うことができるのなら、それだけ楽に気持ちよさを手に入れることができるんだろうけれど、それが出来ない時には「モノをもてない時のしあわせ」を追求するのもいいんじゃないかと思うこともある。

むしろモノは手放して行く方向でやっていきたいと思っている。「断捨離」という言葉もはやったけれど、あんまりそういう言葉も意識せずに、とりあえず燃えないゴミに出せるものをすこしずつ袋に移している。こつこつが苦手な上に今は一気に事を進める体力もないのでなかなか作業は進まないけれど。
“持たない生活” の続きを読む

「それでも青い日に」

今年は本当に写真を撮っていない。特に一眼レフを使っていない。春から夏にかけて二三度持ち出してからは、調子が悪くならないようにと時々スイッチを入れるのみでずっと机の上に置いたままになっている。もっぱら写真はスマホで、それも「撮るぞ」と構えるんではなくて、犬の散歩のついで、とかそんな感じでの撮り方になっている。そしてその回数もまた少なくなっている。
ひとつは親の健康状態がわるくなってあまり家をあけることができなくなったことがある。出たとしてもやっぱり家のことが気になってしまうし「写真なんかとっている場合だろうか・・・」と考えてしまう。これが仕事での外出なんだとしたら、そちらも生活にとっては大切なことだからその呵責も少ないんだろうけれど、写真は趣味だしなあ。

夜になるとじりじりと焦りのような嫌な感情がわいてくるのが困る。先生からは「親のことをみているでしょう。介護のこともやっているでしょう」と自分の肯定的なところも見ることを示唆されるのだけど、毎日病院に付き添っているわけではないし、毎日介護について連絡をとったり手続きをしているわけでもない。ただ、動き過ぎようとする父親に注意をしたり、寒さにやられないように衣服を買うのにつきあったり。今まで買ったものではまだ足りないと思うので、今度は丈の長い、本人が着ようと思ってくれるようなダウンを買おうと思っている。自分が冬に着るダウンは今からもう10年近く前に買った安物で、分厚い割にそんなに暖かくない。なのでどうせなら自分のもほしいところなのだけれど。
“「それでも青い日に」” の続きを読む

世界のことも最低限考えたい

最近は何を書いていいのかがわからない。いろいろな事が重なった。父親が介護認定を受けることになった。手を骨折して以来一か月近くになる。認定を求めましょうとなったのは骨折があったからということも少しあるけれども、それとは別に内科的な理由で行動が制限されること、じっとしていると「せん妄」的言動が多くなってくることの方が要素としては大きい。
加齢に伴って家の中のことができなくなっている。電子レンジを適度に使うことさえ難しくなっているし、火を使うのは両親ともに危なくて仕方ないので、もうだいぶ前から安いIHコンロを入れてガスコンロは撤去している。それだとタイマー設定もできるし、スイッチを切り忘れたとしても過熱が過ぎると自動停止も働くからまあまあ火事にはなりにくい。どうしても火を使いたい時には携帯用のコンロを使うことにしている。

掃除が、できない。僕自身が一日で使えるエネルギーも決まっているので、去年からだらだらやっている部屋の直し(今は天井を貼るところをやっているけど、それもできない日も多い。)で体力を使うと、親の部屋を掃除しようという気持ちにはもうなれない。一日で使える体力がだいぶ落ちていておまけに暑さもあり、親の部屋も自分の部屋にもかなり埃や整理のつかなさが目立っている。体力がない割には周りが整然としていないと気持ちが悪い自分にはこの環境はきついなと思う。もう一人、ある程度動ける人間がいてくれたら、親の通院や薬もらいやご飯の用意、買い物、そして今書いたようなことも含めてかなり楽になるのではと思うのだけれど、ともかく一人なのだから気づくところから、この容量の足りない頭と少ない体力とで物事を進めていくしかない。

「防衛費は人殺し予算」という共産党員の発言が問題になった。
“世界のことも最低限考えたい” の続きを読む