VirtualBox」カテゴリーアーカイブ

自作熱

このところウィンドウズ機が別に欲しくなっている。ウィンドウズもオフィスソフトも、マックのVirualBoxを使うかBootCampで立ち上げるかすれば問題なく使えるんだけれど、そういうのとは別に、ずっと以前にやっていたみたいに、ウィンドウズ機のデスクトップを一台組み立てたくなっている。

あと、最近パソコンでPUBGとかフォートナイトとか、よくわからないけれどもゲームをするのが流行っているみたいなので、そういう流行りにも一度乗ってみたい。けれどそれを叶えようとすると結構な高スペックを要求されるので、お金もかかるしためらっている。

以前、自作をしていた時はCPUがPentiumとかAthlonの時代だった。今はそれがCore iシリーズやRyzenということになっているようだ。僕は以前もAMD派だったので、今度自作をするとしたらCPUにはRyzenを使いたい。
オークションサイトなどを見ていると、それらを使って組み立て済みのPCが出ていたりするけれど、できれば自分で部品を集めて新しいケースに組み込みをしてみたい。

もっとも職場ではウィンドウズ機で作業しているので、できればAdobeのソフト類もウィンドウズ版が欲しいところ。けれど今Adobeのソフトを手に入れようとすると、どれもクラウド化されて課金制になっているので、個人的使用には敷居が高いなと思う。オフィスソフトも新たに導入するとなると価格がそれなりにするのでどうにも悩ましい。でもソフト類がどうのこうのというよりは結局のところパソコンを組み立てたいんだと思う。

ところでずっと使っているMac Pro Early2009も今年で販売から10年目を迎えることになる。普通ならもう性能的に買い替えの時期なのかも知れないけれど、この機体には愛着があるし、性能としてもう実用に耐えないということもなく、特に5年ほど前に起動ディスクをSSDに替えてからは動作も悪くないので今後も「母艦」として使っていきたいと思っている。

ただせっかく拡張性のある構造なのにこれまでにハードディスク以外はほとんど取り替えたこともなかったので、少し「テコ入れ」することにして、ビデオカードを販売当時はオプションでしか付けられなかったATI Radeon HD 5770 1GBに変更した。中古品で値が落ちていたとはいえ、今の自分にはちょっと厳しかったのだけれど。

最初、スロットに差し込んで電源を入れても全く動かなかったので、「ハズレをつかんだのか・・・」と焦ったけれど、何のことはなくて補助電源ケーブルを付けていなかったことにだいぶ経ってから気づく。
カードを変更して、しばらくマックに向かってなかったので今頃調子を試しているけれど、実感できたこととしてはVirtualBoxのWindows10の動作がだいぶ良くなった。前は起動も遅くて、起動してからももっさり感が絶えずつきまとったけれど、起動も速くなり、その後の動きも以前よりだいぶ実用的になっている。

写真や動画を扱う場面でもこれまでよりは性能が上がっていることが期待できる。というか、上がっていてくれないと困る。

メモリも、ずっと8GBで使ってきたけれど、中古品の値が下がっていることもあって倍の16GBにしてみた。

きちんとヒートシンクで覆われたメモリでかっこいいなと思っている。MacProのメモリーはエラーチェックというものが付いていて、安定性を重視しているのだとか。なんだかよくわからないけれども、マックの方は自作などかなわないし、こんなことで精一杯の「改造」だけれど、これから長く使っていきたいと思っている。

VirtualBoxでMeを動かす

VirtualBox上でのMeのことについては次のブログで簡潔にまとめています。

「明日がいい日になりますように」

http://rewalknote.blog.fc2.com/blog-entry-10.html

一階の直していた壁と天井貼りがほぼ終わってもうそこで食事もできるぐらいになったので、今度はやっぱり長く放ってある二階の部屋の方の壁直しにかかるつもりでいる。いるのだけれど寒くて体を動かす気持ちになりにくいのと、物が多くてその整理から始めないといけない部分があるのでどうにも億劫になる。今日はなんとか壁の前のものたちをどけて、ようやくそれに取りかかりやすい状態にできた。

昨日押入れの中を整理をしていたら、昔使っていたウィンドウズやらゲームソフトやらが出てきた。もう整理に嫌気がさしていたのでパソコンの前に座ってウィンドウズ10を起動し、Virtual BOXのWindows版をダウンロードしてきて、マイクロソフトの電話やネット認証が要らなかった最後のほうのOS、Windows Meを入れてみようとしたら、これがやり方を忘れていてなかなか進まない。

今のOSのようにCD起動するものだと思っていたらフロッピーの起動ディスクが必要で、残してあるフロッピーディスクの中にそれがあるかどうか探すところから始めないといけなかった。幸い残してあったので、外付けのUSBドライブから起動してなんとかOSをインストールしたものの、Virtual BOXに9x系のグラフィックドライバが用意されておらず、それがないと画面が640×480の16色固定になってしまうので、あらためてここに行って、それ(Universal VBE20 version. )を探してこないといけなかった。それでようやくドライバを適用しても今度は起動時に画面が暗くなってしまうことを何度か繰り返した。

「ああ、もうめんどくさいし、やめようかな」と思ったけれど、一度始めるとなかなかやめられない方面もあるもので、これもその一つだったから時間をかけて方法を探ったら、このドライバ自体が悪いわけではなくて、Virtual Boxの設定の中で「ディスプレイ」の「2Dビデオのアクセラレーションをオンにする」にチェックを入れていなかったのがいけなかったようだった。それでMeを入れて昔のゲームソフトなどを入れてみたりしたのだけれど、確かに懐かしいのだけれど、この一連の作業がいったい何の役に立ったのかと思うとやや気が沈んだ。改めて今さらMeを積極的に使う用途もないし。
続きを読む

もやもやするのでMacいじり

もう5月。早いなあ。こうしている間に夏が来て、感覚的には本当に「夏」という期間は2週間ぐらいで過ぎていき、あとはお盆だとかなんだとか言っている間にまた冷気がやってくるんだなあ。で、月が二桁になると今年もあと何日とか年賀状がどうとか騒ぎ始めて「一年過ぎるのは早いですね」で締めくくられる。けれど僕が感じるのは、一年というのは元々そんなに長い期間ではないということ。たかだか地球が太陽の周りを一周する間と決めただけなのだから。そうして、人生というのも思うよりは長くないということ。生きている間に人ができることなんてしれているということ。

けれど、そのしれている期間を病や障害とともに暮らす時間が長くなると、これは余計に勿体無い気持ちがする。僕の場合、適当な場所がまずないと外に出づらい。遠くへ一人で行きにくい。もちろん近くもだけど遠くはなおさら。幸い、今はその弱点を補うツールが発展してきている。ネットで外の情報を受身的でなく取りに行くこともできるし、パソコンに向かうのがしんどいときにはスマホもある。車はとても大切な外出手段だ。あの「高速で動ける鉄の部屋」がなかったら、僕の生活障害もますます高くなっていることだろう。けれどお金を食いすぎる。

「昭和」より「平成」を生きた期間の方が長くなった。元々、西暦とは別に設けられた天皇家の時間軸が並行して普及しているのは不便なものだとは思うものの、幼い頃から慣れ親しまされているものだから意識せざるをえない。以前の職場で「あと1年、生まれるのが遅かったら平成生まれだったのに」と悔やんでいた人がいたけれど、この僕でさえ平成の方を長く生きているのだから生まれたタイミングなんかはそんなに悔やむほどのこともないと思う。
続きを読む

OS10.6とVirtualBoxで嵌る

風邪をひいてしまったみたいです。MacのOSを、やはり機体購入当時付属していたOS10.6(Snow Leopard)に戻そうかと思って、ここのところ夜中に悪戦苦闘していました。最近は遅くなると寒いのですが暖房費をケチろうと思って厚着で乗り切ろうとする。でも寒さにからだがひときわ弱いのでそれでは足りず、結局暖房をつけるんですが間に合わなかったみたい。

もうひとつ、夏以来こまっているのは夜、静かになると焦り混じりの重苦しい気分がやってくること。これを紛らわすのにやっているのが「食べること」です。「太らないためにはこの時間帯に食べるな」と世間で言われる逆のことをしている。甘いものや、袋入りラーメンを夜中に作って食べたりする。すると嫌な気分が少し紛れるのです。前は夜中の食欲を我慢することが出来たのに、今は出来ない。

話をもどします。この間、OS10.11(El Capitan)を絶賛していたのになんでまた古いOSに戻そうかと思ったかというと、僕はHTMLやCSSを書けません。なので以前サイトを作っていた時には「BiND」というページ作成ソフトを使っていました。それが最新のOSに対応しなくなったので、ここのところ「最新のバージョンを優待販売しますよ」メールが立て続けに届いていました。でも、もう今はそれを更新するだけのゆとりはない。

考えた末、「ここはOSを戻すこと。しかも中途半端に戻すんじゃなくて、今持っているソフトが動作を保証していた範囲まで戻す。となると10.6」ということになりました。このOSは確か2009年の秋くらいにリリースされたものです。僕が家での仕事用にMac Proを奮発したのが2010年で、当初のOSはこれでした。
続きを読む

「あまちゃん」に今頃ハマる

ここ一週間続いた両親のかかりつけ医と病院への付き添いが一区切りついたところで、なんだか張り詰めていたものが急に解けたのか、ややハイ気味、その反面疲れが出ています。アツが夏すぎて!寒さにも暑さにも弱い自分にはつらい時期です。といって今すぐ炎天下でやらなければいけないこともないし、なるべく涼しくして2年前には話題になっていたのに見れないでいた「あまちゃん」の再放送を見たりしながら過ごしています。キョンキョン、今でも魅力あるなあ。若い頃のキョンキョン役の子も、ほんとによく似ているなあ。

「あまちゃん」が人気が出たのは、僕らのようにキョンキョンや薬師丸ひろ子、その他80年代アイドルや当時の世相なんかが時々でてくるのに懐かしさを覚えるのと、若い世代にとっては能年玲奈ちゃんの純粋な感じ、AKBにも通じる集団女の子アイドルの活動の様子なんかが描かれているのに共感できるからかなあと思います。親世代にも子世代にも受けて共通の話題にできるような作り方がされている。あれはうまいです。

あとはnexus5いじり。そして今はデスクトップのMacとMacBook AirにWindows10のインストールをしているところです。どちらもBootCampではなくVirtualBoxを使ってMacOSX上に仮装的にWindows環境を作るんです。

続きを読む