苦しみの「見返り」

スマホ話がまだ続く。その後、いろいろと思うところがあって、ようやく落ち着いたかに思えたiPhone7Plusも手放すことに決めて、結局手元にはiPhoneXがやってきた。iPhoneは中古価格もなかなか落ちないのがいいところでもありわるいところでもあるけれど、幸い7Plusの人気がまだ高いので、先に手放したZenFoneと合わせて一年落ちのXを持つぐらいのことができるんじゃないかと思ったらできた。ということで、お金はないのに一体何をしているのだろう。けれど、これも自分の日常のモチベーションになっているのだとしたら、今は必要なことなんだろうと思うことしておく。

ワードプレスの新しいエディター、「Gutenberg」を試している。記事のすべての要素をブロック化して明確にすることに主眼が置かれていて、これが実際使いやすいかどうかは今の所まだはっきりとはしないけれど、ひとつ気に入ったのは文章作成に集中するのに不要な表示(ダッシュボードのメニューやらエディター自身のそれやら。)を消すことができる点。

「OMMWRITER」というエディターがあって、それだと画面にあるのは自分が作成している文章のみ、好めば静かな環境音を流しながら文章を打ち込んでいくことも可能だったので気に入って使っていたことがあった。けれどこれが有料になってしまったので他の似たようなエディターも探してみたのだけれどなかなかなくて、うるさい画面のワードプレス標準エディターに甘んじていたけれど、この「Gutenberg」は案外いいかも知れない。

“苦しみの「見返り」” の続きを読む

iPhoneと手帳

iPhone7Plusと手帳

なぜか手元に中古のiPhone7Plusもずっと持っています。ZenFone5を手に入れる前から。

この間、「見た目iPhone」にしたZenFone5のことをノートに書いたのに、なんだか「見た目」を真似たいのならそもそもiPhoneを使ったらどうなの?と思うようになって、simカードをiPhoneに入れ替えてしばらく触っていたら、なんだかそちらもやはりいいように感じて来てしまい、ZenFone5は初期化してしまいました。

なんと移り気なんだろうと自分について思いつつ、でもiPhoneの使い心地はなんだか自分に優しい。「戻る」ボタンがないのが心もとないかなと思っていたけれど、iOSでアプリを終了させる時には躊躇なくホームボタンを押せばいいのだと思えば、それはそれで気が楽です。サイトのページを戻りたかったらさっと左から右へスワイプすればいい。トップへもすぐに戻れる。
カメラも、最新のAI技術はないけれど、癖がなく自然に撮れるという意味ではiPhoneのカメラは「鉄板」だと思います。

そういうわけで、実はしばらく迷っていたスマホの選択は、最終的にはandroidからiPhoneに戻る、ということで落ち着きそうです。

“iPhoneと手帳” の続きを読む

スマートフォンをチェンジ

これまでスマートフォンは2年半ぐらい、ファーウェイ社製のhonor6Plusを使ってきました。安いけどそこそこさくさく動く。何より今の高機能スマホの主流になっている二眼レンズを早くから備えていて深度コントロールが可能です。背景ボケを生かした印象的な写真がスマホでも撮れる。大きさの割には軽く、iPhone6Plusと同じ画面サイズ、5.5インチの割には片手でも操作がしやすい。そういうところを気に入ってきました。このノートに使っている写真の中にもhonor6Plusで撮ったものがたくさんあります。

iPhone3Gの時からずっとiPhoneを使っていましたが、iPhone5になった頃から月々の通信費は上がるし本体代も負担に感じてきたのでどうしようかと思って、それでも本体をiPhoneのなかでは廉価な5Cに変えて通信会社をMVNOのマイネオに乗り換えることでなんとかしのいだのですが、今度は画面の小ささに目が追いつかなくなってきて・・・。大きな画面のiPhone6Plusが欲しかったけれど、もはや価格的に自分が手の届く範囲をはるかに超えてしまっていました。

それで価格的にも機種の豊富さでも選択肢の多いandroidに乗り換えることにしたのですが、正直、最初のうちは操作に慣れなくて「なんて使いにくいOSだろう」なんて思っていました。設定もいろんな場所にあってわかりづらく感じたし、操作もiPhoneのように物理的ボタンがなく、「戻る」なんてボタンが液晶上にある。なんだこれは?と。しばらくはiPhoneに戻りたくてしょうがない時期もありました。

でもなんていうんでしょうか、使っている間にだんだんとこれはこれで使う上で便利なように出来ているOSなんですね。最初のうち怪訝に思っていた戻るボタンも、もうこれを押してアプリを終了しないと気持ち悪く感じるように。物理的なボタンでないので指に負担もかからない。iPhoneだとボタンを二度押ししないと出てこない立ち上げているアプリの一覧も、androidならやはり液晶上のボタンに触れるだけで出て来る。

そして、androidが便利だなとしみじみ思うのは、グーグルの検索がデフォルトになっていてGoogle製のアプリと連携が取れていること。

“スマートフォンをチェンジ” の続きを読む

一日中寝ていたい

先週半ばあたりから疲労感が増してきて、できれば一日中、寝ていたいと思うようになった。考えてみればこの春、4月くらいから父親の食欲が減退してきて心配をし出してからこれまで、緊張することが多くて、また実際に緊張を呼び起こされるイベントも続いた。父親がいなくなってからは手続き事が重なり、これからまだ手をつけないといけない仕事もある。それらのことを考えていたらなんだか気持ちが限界点を超えていた。ちょっとした刺激でイライラするし、先をものすごく悲観するようになった。

仕事を断られる

今年はどうも「ツイていない」年のようで、20年近く頂いてきた仕事も父親の状態が悪くなっていくあたりと合わせるように断りの連絡が入ってきたりもした。ちょうど主治医の診察を終えて薬局の駐車場に着いた時に連絡を受けて、確かに今年は発注も随分と遅れていたし、それから仕事をいただいてもかなり焦って仕上げないといけない頃合いだった。けれど仕事を頂いていれば父親の様子を見ながら病院のデイルームででもやり抜こうと考えていた。収入の上では毎年とても頼りにしていたものだったので、このことではかなり力を落とした。その代わりの仕事も入ってくる様子はない。

MacOSをEl capitanにアップグレード

強い緊張と悲観をごまかすために、MacのOSをこの際できるだけ最新のものへと上げてみることにした。デスクトップは「裏技」を使えばmacOS Sierraにできないことはないようだけれど、ここは無理は避けることにしてこれまでadobeのソフトのためを考えてOS X mavericksにしていたものをEl Capitanへとそのままの状態で更新した。僕のadobeのソフトのバージョンではそこまでは全く対応していないし保証もない。確かにエラーも起きたりする。これではとても仕事で使うべき環境ではないけれども、調べてみると少なくともネット上ではそこをクリアしている人もいるし実際に対処をしてみたらイラストレーターもフォトショップも、El Capitan上でエラーなく動くようになった。これが本当に「完全に動いている」と言えるのかどうかはわからないけれど。

ちなみに参考にしたのはこのサイト。

http://doratex.hatenablog.jp/entry/20160921/1474401468

それとsafariやchromeのバージョンも新しくなったので、これまで読み込みでエラーが出ていたサイトでそれがなくなった。

“一日中寝ていたい” の続きを読む

寒いとうっとうしさも深まる

冬の冷たさ02

なるべく見守りがあった方がいい父親を、週に一度デイサービスにやることに決めて一度体験をと、先週、母親とともに送り出したはいいものの、帰ってきたら「退屈やった」の一言であまり面白くなかった様子。すぐに続けるかどうかを尋ねるのもどうかなと思ったので一日おいて「来週も行くか?」と訊いてみたら、なんと!「もういいわ」と。こちらはてっきり行ってくれるものと思っていたのでちょっと慌てた。

それでもう一度、今のあなたの状態が、少しでも周囲に見守りの人がいる状況の方が望ましいことや、行ってくれればその間に自分が気を張らずにいられる時間が増えることなんかを話すけれども、かんばしい答えが返ってこない。これは話を再度ケアマネさんに振る方がいいと考えて「この状態をどうしたらいいかわかりません」という旨の連絡をしておいた。

今年に入って、おみくじも良い結果だったし何事も順調に!運ぶはずがなかなかうまくいかない。

よかったのは複数の作業依頼があって、平行して物事を進めるのが苦手な自分としては少し気が重かったけれども、いざ考えた出した時にアイデアがわりあい早く浮かんでそれが通ったことと、もうひとつのいつもの作業の方も早めに進行していて時間的な余裕があること。けれど余裕があると感じる時ほどとんでもないミスをするというのがこれまでの自分の生き方でもあったので、これからいっそう注意して進めていかないと、と思っている。

“寒いとうっとうしさも深まる” の続きを読む

わるい刺激をうけないようにすること

苔の緑01

なるべく刺激の少ない生活をしようと思っている。安普請の家なのでよく聞こえてくる外の人の話し声やら車の音をなるべく聞かなくて済むように作業中のMacには夜中に向かうようにしている。それでも夕方からは買い物とごはんの用意があったり、昨日付き添った母親の薬をとりにいかなくてはいけなかったり犬の散歩があったり、それなりに外との接触がどうしても起こる。

この間からネットともだちに教えられてKindleにはまっている。Amazonが運営している電子書籍をスマホのアプリとMacとで同期して読める。これまでスマホで電子書籍を読んだことは何度かある。けれど無料であることが大切!なので、それらはたいてい青空文庫で、しかもアプリも組み合わせて使う必要があったりしてなんだか集中ができなかった。

ところが、やっぱり元は青空文庫なのかも知れないれどもAmazonからKindleに試しに落としてきた「我が輩は猫である」をスマホのKindle appで読み始めたら、あら、面白い。ずっと以前、自分の診察のために病院の待ち合い所で本を読んでいたときと違って情景や心情が猫の言葉を通してすんなりと入ってくるように感じられる。考えてみるとここ数年ずっと、実際の活字は頭に入りづらくなっていたけれども、パソコンの文字やスマホのそれにはあまり抵抗がない。自分の情報のとり入れ方が変わって来たのだろうか。

“わるい刺激をうけないようにすること” の続きを読む

行き詰まって行く生活

そういえば自転車(もっていないけど。)を使えば、あるいは車を使えばもっと近くに一応この街にも自然公園的な場所はあったのだと、過去に撮った写真を見ながら想いだしていた。すごくこころにのしかかっている親の健康状態が遠くへ出かけることに呵責を覚えさせるのなら、そういう場所で写真を撮ってきてもいいなと。もっとも自分が家にいないことに変わりはないのだけれど、すぐに駆けつけられるという点が異なる。前の時にはほんとうにたまの遠出をしていた時で焦ったから。

ゆうべ、父親の服の整理のことを考えていることをここに書いたら、偶然今日、父親が「服を買いに行きたい」と言い出した。これはちょうどいい機会だと思ったので、整理ダンスにため込まれていて表面にあるものしか役に立っていない下着類をまず整理しようと提案し、やってみるとほとんどが夏物やこれまで入院中に必要なものとして買ったおいた、やはり薄手のものだった。少ない冬物を取り出して別のボックスに入れなおし、とりあえず今日のところはまずは父親の言う通り厚手の上着かあたたかいズボンを買いに行くことにした。それで結局ズボンを二本買った。上着は、もう少ししたら出回るだろう長めのダウンを買おうと思う。でないとシニアカーで冷たい空気の中を移動するのはつらいことになるだろうから。手袋もマフラーもいる。

父親は外に出て人と関わっていないとだめになってしまう人だ。それはそれで別にわるいことではないと思うのだけれど、からだが弱ってくる過程でこれからの寒い時期をそれ以外の季節と同じように出て行くというのは無理があると思う。正直、こまっている。僕の生活リズムが父親にぴたっと合っていれば車で送り迎えをしたりもできるけれど、あちらは筋金入りの健康的な生活リズムなので一時的には無理矢理それに合わせられても長続きはしないだろう。親子がずっといっしょに行動しているというのも、あちらにとっても嫌なものだろう。寒い間は家で過ごせといっても無理だろうし、本当に困っている。本当に寒い日には、なるべく家で過ごせるような工夫を父親がみつけてくれたらいいのにと思ったりする。
“行き詰まって行く生活” の続きを読む

ようやく季節を感じる

夏の盛りは親の入院の様子見で過ぎていった。気を揉むなと言われても揉んでしまう性格なので8月の初めからこれまでずっと気を揉み続けている。ただ、季節感が最近ようやく戻ってきて、今頃になるけれど夏の名残りを感じるようになった。わるい表現だとは思うものの、親のことさえなければ今年の夏はきっといいものになっていたに違いないように感じる。けれどそれは言っても仕方のないことだ。

自分のできる範囲のことだけをして、あとはただ流されているしかしょうがない時もある。科学的に生を分析し世界や自分自身を完全に理解・制御しようとしても、それは本当に「偉人」でなければ試みれないことだったし、その彼らでさえ人生のいくつもの場面でその信念について大いに迷ったこともあっただろう。

核心が自分の手の届かないところにあるのは仕方がないこととして、次第に学んできたのは、「助けを得られるのならそうするのがいい」ということ。
“ようやく季節を感じる” の続きを読む

スマホでブログ

また不調かなと思う。一番の理由はここのところの親の体調の変化が大きかったことと、それに伴って当人のこころの様子もまた時々に変化すること。体が衰えていくのは仕方がないとしても、心の有り様が割と短い間隔で揺れているように思われるのに戸惑う。
気の確かさが以前と変わらないように思う時もあれば、急にぼけてしまったんじゃないかと思う時もある。特にうっかりやモノ忘れ、何度も同じことを話す(これは母親のほうが顕著)といった、まるで認知症の前触れのような(実際には加齢に伴う自然現象なんだろうけど。)事を確かに以前より多く経験するようになった。

もっとも僕だって小さな頃からボケたことをよくやったしよく話した。でももしかするとそれは障害からくる事も多かった(多い)のだといまさら感じることはある。でも今高齢の親に起こっていることは普通の人がたどる加齢からの体調異変のダメージやそれに伴うこころの変化なのだろうと思う。それを自然なものとして受け止めるゆとりが今の自分にはない。
“スマホでブログ” の続きを読む

お皿を割ったりスマホを割ったり

去年の夏から使いはじめて、「google純正」機としてiPhoneから乗り換えた(詳しく書くと、経済的にiPhoneを維持するのが不利になってきたのと、老眼で4インチ画面を見るのが辛くなってきたので乗り換えた)nexus5。二日ほど前に地面に落としてしまい、ガラスが割れました。1円で乗り換えられて、しかもその性能はOSの作法こそ違うもののiPhoneに劣ることのないこの優れた機体を落としてヒビの入ったガラス面を見た時、なんだか呆然としてしまいました。何が起こったのかわからないという感じ。

一時、その作法にやはり慣れないところがあるのでiPhoneに戻ろうかと思ったけれど、今やそれは高嶺の花でやっぱりこの機体を大切に使っていこうとケースまで新調したばかりだったのに。フィルムも貼っていたのに。
珍しく父親と午前中に公園に行って犬や、早く咲き出していた桜や空を映したその後のことでした。落とした場所が砂利を敷いた地面だったので尖った小石の先がピンポイントでガラスに当たったのがいけなかったようです。
これまで、iPhone3Gからずっとスマホを使ってきて、何度か地面に落としたことはあったけれど、画面が割れるという経験をしたことは一度もありませんでした。なので余計に信じられなかったのかも知れない。

修理のための補償にも、「節約」のために入っておらず、恐る恐るお店に修理代を尋ねたら恐らく1諭吉後半になるだろうとのこと。それなら最近のsimフリー機でそのくらいの価格のものなど、いくつか出てきています。一度、iPhoneに戻ろうと思ってカメラの交換用レンズやコンパクトデジカメを売ったお金もあるし、今は家での依頼作業もしてその報酬も見込める。どうせなら心機一転だと、もうその日のうちに次の機種を物色していました。何せ自分の場合、スマホは生活道具としても大事な存在です。
今の年代に入って老眼も感じることが多くなったし、iPhoneにするなら6Plusと思っていたんですね。でもこの機体のsimフリー機は本当に高価になってしまっていて、とても手が出なかった。
“お皿を割ったりスマホを割ったり” の続きを読む