スマートフォン」カテゴリーアーカイブ

キラキラするものが好き

常の仕事をしていた時には少し高めのお店でも人と一緒に行くこともできた。でも今は毎月の光熱水費やら将来かかるかも知れない親の介護や医療の費用の事やら、今すぐ欲しいお金のことで頭を悩ませていることが多くなり、そういう贅沢はできなくなった。

androidの使い方になかなか慣れないのでiPhoneを使う生活に戻してみようか、なんて簡単に考えていたけれど、実際にそうしようと思うとまず機体を手に入れるところから始めなければならず、それをオークションなんかで探してみたらsimフリー機は特に高価な物が多くて手が出せない。出番が少なくなったコンパクトデジカメのXF1と、あまり使うことがないけれども写りが素晴らしいので持っていた唯一の単焦点レンズであり、唯一の交換用レンズだったタムロンの90mmも手放して、なんとかiPhone5cなら手が届くだけの額にはなったのだけれど、それだと以前の状態に戻るだけの話になって画面サイズも小さくなるしあんまり意味がないような気がした。5sの、同じくsimフリー機も考えてはみたけれど、性能こそ5cに勝るとはいえディスプレイのサイズはやっぱり5cと変わらないし、なんだか大切にできない気がした。

去年の夏以来の作業代がもうすぐ入るはずなのでそれも考えに入れたらiPhone6も手に入れることは可能だけれど、今の自分自身の状態を考えてみると携帯にそれだけかけるのはいかにも不釣り合いだしもったいない。結局、これまでどおりnexus5を使っていくことに決めた。この機体もグーグルがリファレンス機として開発しただけのことはあって、今でもアプリは快適に動くしカメラも工夫をすれば写りはいい。iPhoneの時には自分でセキュリティアプリを入れて頻繁に空きメモリを増やしたりウィルスチェックをかけたりする必要はなかったけれど、これもマックとウィンドウズの違い程度に考えて慣れていくしかないのだろう。iPhoneの閉じた世界とandroidの、ホルダー構造まで見せて自分で自由に操作もできる開いた世界。

言葉の上でのシャレになってしまうけれど、僕には・・僕の頭には、あんまり自由に触ることの許されないiPhoneやMacの閉じた世界は、自分自身の「自閉の特性(自閉症と呼ぶからといって一律に周囲から自分を閉ざすという解釈は間違ったものです。)」の一つ、「いつも同じパターンを好む」というところに合う。
続きを読む

いつの間にか秋

昨日はほとんど何もできなかった。夜中に起き出した時、洗い物をしたのみ。夏前にはできていた親の部屋掃除もずっとサボり気味で床に埃が目立っていたので、そのままだと体にもきっと悪いなあと思っていたのだけれどやはりできないでいた。昨日、母親が「マッサージに来てもらった時にかっこ悪い」と独り言ちていたのを聞いて、今日は思い切って入り口から部屋に至るまでざっとモップと掃除機をかけ、目立つ床の汚れは濡れ雑巾で拭いた。

夏の間、多分犬が持ち込んだノミが古いカーペットについて苦しめられたので、その古いカーペットは捨ててしばらくは床をそのまま出していたけれど、季節的にノミも大丈夫だろうと思って床に敷物を敷いた。うちで一番新しい床のはずなのにもう傷がたくさんついてしまっている。前は毛布を干したりしていたけれど今日はそこまではできなかった。

その前、嫌な夢を見て目が覚め、起きると父親が僕の(遅々として進まない!)外壁修繕作業(コーキングのみ)のために作った足場もどきの不安定なところを直していた。「もう大丈夫」と言って「別に今日しなくてもいいが、安定しているので」と言って出て行った。犬が寂しそうに吠えた。
続きを読む

頭から離れない合理的帰結点

相変わらず外に出るのがおっくうで、すぐに疲れてベッドに背中が張り付いたみたいにして今日も眠る時間が多かった。仕方なく外出するのは親を病院に連れて行くときと父親が犬の散歩を兼ねて買い物に誘う時。けれども最近はそれにつきあう気も起きて来ない。犬はどうしてか母親のベッドの下で過ごすようになった。家の中ではある程度動けているので、この間、以前から不衛生だと思っていた母親のベッド周りからいろんなものをどけて(母親はいろんなものを自分のベッド周りの床に置いてしまう)、父親のベッドを隣に持ってきて、二人がトイレまでいく動線をすっきりとさせた。

それ以前は食卓も両者の行く手を遮ってトイレに移動しづらかったし、低い座卓なので食事もとりにくかった。ずいぶん以前からあるダイニングごたつを座卓の代わりに置いてもともと父親のベッドがあった壁側に寄せ、母親が座るには低すぎて立つのが不便な椅子もダイニングテーブル用のそれに替えた。2席しか余裕をもって置けないので自分は足の高いお膳を床に置いて親とは別に食べている。

このままいてもどのみち疎んじられる人生なので、若いときから支払い続けている保険で、早いうち事故か病気でなんとかならないかという気持ちがわいてくる。この考えが自分の帰結点として合理的に思えてならない。そうすると、たとえば寝たきりで生きておられるお年取りなどはどうかという疑問も出てくるものの、若い頃から周りから疎んじられてきた自分のような存在からすれば、その方達の存在は状態に関係なく尊い。しかし自分はそうではない。
続きを読む

苦手な感覚と極まれに現れる人

ちょっと疲れているかなあ。湿度と気温の高くなるこの時期、いつも調子がわるくなります。夏本番になる前にもう夏バテになる感じ。ひとつには家での作業の工程がいつもよりかかって、それに神経を使いました。幸い間にはあったのですが。もうひとつは、これはこれから先もずっとつきあっていかないといけないことですが、親の健康のことがいつも気にかかります。少し自分の気持ちの容量を越えているような。

地域の支援センターに話をしに行ってもお忙し過ぎることもあるのか具体的な方策も返ってきません。けれど抱え込まずに外につながっておくことは、とくにうちのような家族構成の場合には必ず必要なことだと思っています。親は外とのつながりをむしろ敬遠しがちなんですけど。僕自身に障害があり、社会に対していく能力が低いところがあるわけなのでそこを補って頂くためにもつながりは要ります。

最初に戻るんですが、汗をかく時期は本当に弱いですね。シャツが濡れて肌にまとわりつく感覚、もともと弱いところがあるのですぐにかゆい所が出てきてうっかり掻いて傷を作ってしまったり、いまだにする。以前の職場でコピーを撮っていたとき、他の職員さんが「冬と夏、どっちが苦手?」ときいてこられて、思わず「どちらも苦手ですっ」と、得意の?突然の出来事に素直すぎる反応をしてしまう返しをしたら、相手の方は無言になりました。でも実際どちらも苦手です。冬の寒さには冬眠してしまいたいぐらい閉口するし、小さな頃も親に無理やり起こされてからだをさすってもらわないと起きあがるのも億劫でした。

夏は、湿気が高いのがまず耐えづらいのと、やはり汗のために肌がかゆくなったりするのがとても苦手です。気温が高いというだけで理由のわからない頭痛にも悩まされてきました。それは歳を重ねるほどに。それでいてお風呂に疲れて入れない(入浴って結構体力が要る作業!だと思います。)日も続いたりして余計に不快感が高まります。お金があまりないにもかかわらず、夏場はどうしてもエアコンに頼る率も高くなります。

「日本は四季があるのが素晴らしい」とよく聞きますが、僕も四季の風情自体については、まったくその通り、賛成です。でもこの数十年でとても暑くなった夏や、あまりにも寒い夜なんかは不要だと思います。現にそれが原因で熱中症で何人もの人が病院に運ばれたり、寒さゆえに風邪をひいたりからだの具合を悪くしたりする方も大勢います。四季があるのはいい。でも病人や死者が出るような環境は行き過ぎです。この島々はどうしてか、この数十年でとても過酷な暑さ、寒さに襲われる環境になりました。

続きを読む

スマホの写真比べ

これはiPhone5cで去年撮ったムクゲ(芙蓉かな?)花弁の細かな状態まできっちりと撮れています。最新の6とかだとカメラ機能がより進化していて、テレビコマーシャルでもiPhoneの売りの大きな部分を占めているようです。Android携帯でiPhoneと並ぶか、それを越えるような性能を持った機種ってないのかなと探してみたことがありました。

すると「これは!」と思える機種がありました。今はMicrosoftが買収した(のかな)、Nokiaという会社のLumia930という機種です。解像度がiPhoneがいまだに800万画素という数字を守っているのに対してLumiaのものは2000万画素を超えていて、それはともかくも、レンズがカールツァイスという、知っている人なら知っている、知らない人は知らない(あたりまえ)有名どころのものを採用しています。

WindowsPhoneです。「写真 きれい スマホ」とか適当にグーグルで探っていったらいくつかの機種のカメラ機能を並べて比較しているサイトがあったので眺めていたら、このメーカーのこの機種だけはiPhoneに並ぶかまさっていると思うようになりました。ところがこの機種は日本では販売されていなくて輸入代理店を通して買うしかないようだし、価格も今の自分には到底届くものではなかったのであっさりと手に入れるのはあきらめました。

条件がまったく違いますが、次の写真は今年nexus5で撮った、同じ花(たぶん)の写真です。

続きを読む

以前はできていた家族旅行

まだ両親に大きなからだの不具合が現れる前には、年に一度程度のペースで主に自分が運転をして一泊二日程度の旅行をすることが続きました。といってもお金はないのでネットで一番安いプランを探して予約してから向かうのです。そうやって行くと、確かにこの部屋なら宿で一番お手軽だろうという部屋に落ち着くことになります。

これまで一番印象に残っているのは、部屋のお風呂が手入れもされていなくて「開かずの風呂」になっている、宴会場から大きなカラオケの声が聴こえてきて、料理も鳥のツミレがメインの、あとは小さなテレビでも見て暇つぶしてくれみたいな宿に泊まった時のことかな。良い印象としてです。上の写真はちょっと贅沢な純和風のお宿に泊まったときのスナップです。

そんな家族旅行の中で、これまで一番「豪勢」だったのは、父親が旅行会社のパンフを見て「これがいい」と決めた九州での紅葉めぐり、でした。これも一泊二日でしたが、「本来、これだけの紅葉の名所をめぐるなら二泊は要ります」とガイドさんが「宣言」するような強行軍で、すでにその時足元がおぼつかなくなっていた母親は、ひとりバスに残してもらって父と二人で紅葉を見てくるという時もありました。胃の調子がわるくなり始めた頃で、その時も遅くまでの仕事帰りの翌朝出発だったので飛行機が十分な高度になるまで加速していく時の感じがからだに堪えたのをよく覚えています。

今はあんな旅行もできなくなりました。

続きを読む

Android機を使い始める

夏前のご依頼作業がほぼ終わりました。「どうもここのところしんどいなあ、ノート(このブログ)も更新する気さえしないしなあ」と思っていて、「梅雨のせいかなあ、低気圧のせいだろうか」などとつらつら思っていましたが、どうもこの作業もひとつ理由としてあったようです。
今はふだんさして動いているわけでもなく、日々の仕事に縛られているわけでもない。多少の家事やらはしても後回しにしているものもあります。でも人から依頼されたものはどうしても期日までに仕上げて納めないといけない。そしてそれをやるのは自分しかいない。そんなことが今のだらだらとした生活には余計に負担なのかもしれません。

ただ、孤独な作業だけれど嫌いなことではないし自分が苦手なこと(人との関わり)も最小限で済む。これは一番の利点で、環境は変わりながらもこの作業を10年以上続けてこられた理由かも知れないと思います。とはいえ、前回は結果に不具合があって、自分のミスではなかったもののそれを言い訳にはできないし、修正のやりとりで気を揉みました。なので今回もこれで「終わったぁ」と完全に安心しているわけではないのです。

以前の記事「いい写真」でも書いていたのですが、やっぱり携帯を長年使い慣れてきたiPhoneからAndroid機へ変えることにしました。これまで一年ほど格安SIMで使ってきた5cに愛着はあるし、使いやすいことには変わりがないけれど、加齢で老眼が進んできてしまっていることで、iPhoneではいくら文字を大きく設定しても反映されないアプリも多く、維持費の面でとても有利なYモバイルのNexus5を使うことにしました。

続きを読む

「いい写真」

本当は発達の支援員さんの勧めもあり、近く相談に行く父母の介護の件をかなり書いたのだけれど、なんだか気持ちが重くなってきたので消しちゃいました。じゃ、何を書こうか。久しぶりにカメラのことでも。今年に入って一眼レフを持ち出したのは春に梅を撮りに行ったのと、しばらくしてやはり桜を撮りに行ったのと、公園に春の草花を撮りに出たのと、夕方の植物園へ行ったのと・・・それぐらいかな。3月のかかりあたりまでは寒くて動く気になれず(暑さ寒さに本当に弱いなあと思います。)、犬の散歩ぐらいには出ようと思い始めて、iPhoneをカメラ代わりに近辺の写真を撮ったりもしました。

iPhoneのカメラ機能って、ネットでの比較記事を見ても抜きん出ているところがあるようで、今時のアンドロイド機なら1000万画素を超えるような解像度を誇るセンサーを搭載しているのに、iPhoneの800万画素の映像になかなか叶わないということもあるそうです。実際アップルのサイトに行くとiPhone6や6plusで撮った写真がたくさん掲載されていて、確かに美しい。

でも僕が思うに、写真って結局何に気持ちを打たれたか、その風景にどれほどの想い出が詰まっているかで自分にとっての良さが決まるのであって、「わぁ、これはきれい」という写真は世の中にわんさかあるけれど、ある意味機材がそろっていて一般的にきれいだと誰しもが感じるだろう風景さえ撮れば、それらは一応人の胸を打つ。でもその写真が自分にとって良いかどうかというのとは、それは全く別のことだろうと思うのです。

続きを読む