スマートフォンをチェンジ

これまでスマートフォンは2年半ぐらい、ファーウェイ社製のhonor6Plusを使ってきました。安いけどそこそこさくさく動く。何より今の高機能スマホの主流になっている二眼レンズを早くから備えていて深度コントロールが可能です。背景ボケを生かした印象的な写真がスマホでも撮れる。大きさの割には軽く、iPhone6Plusと同じ画面サイズ、5.5インチの割には片手でも操作がしやすい。そういうところを気に入ってきました。このノートに使っている写真の中にもhonor6Plusで撮ったものがたくさんあります。

iPhone3Gの時からずっとiPhoneを使っていましたが、iPhone5になった頃から月々の通信費は上がるし本体代も負担に感じてきたのでどうしようかと思って、それでも本体をiPhoneのなかでは廉価な5Cに変えて通信会社をMVNOのマイネオに乗り換えることでなんとかしのいだのですが、今度は画面の小ささに目が追いつかなくなってきて・・・。大きな画面のiPhone6Plusが欲しかったけれど、もはや価格的に自分が手の届く範囲をはるかに超えてしまっていました。

それで価格的にも機種の豊富さでも選択肢の多いandroidに乗り換えることにしたのですが、正直、最初のうちは操作に慣れなくて「なんて使いにくいOSだろう」なんて思っていました。設定もいろんな場所にあってわかりづらく感じたし、操作もiPhoneのように物理的ボタンがなく、「戻る」なんてボタンが液晶上にある。なんだこれは?と。しばらくはiPhoneに戻りたくてしょうがない時期もありました。

でもなんていうんでしょうか、使っている間にだんだんとこれはこれで使う上で便利なように出来ているOSなんですね。最初のうち怪訝に思っていた戻るボタンも、もうこれを押してアプリを終了しないと気持ち悪く感じるように。物理的なボタンでないので指に負担もかからない。iPhoneだとボタンを二度押ししないと出てこない立ち上げているアプリの一覧も、androidならやはり液晶上のボタンに触れるだけで出て来る。

そして、androidが便利だなとしみじみ思うのは、グーグルの検索がデフォルトになっていてGoogle製のアプリと連携が取れていること。

“スマートフォンをチェンジ” の続きを読む

台風がいきました

家の前の白い花

去年に父親をなくしてからいろいろとやることが面倒くさくなってしまい、時間があると疲れて横になることが増えてしまった。おかげで?一時10キロ近く減った体重なんかは戻ってきたけれど、戻ってきてしまったけれど、いろいろと面倒なのは一向に直る気配がない。部屋も、以前は一週間に一度は整理して掃除機をかけることが出来ていたのに、今はもうずっと置いたものはそのまま、掃除機もかけることがなくなった。これではいけないと思って少し整理しかけても途中でどうにもしんどくなってきてまた横になってしまう始末。

この日常ノートも、キーボードを打つのがどうにも面倒で、また、内容を考えるのが(以前は何も考えることなく打ち始められていたのに。)面倒くさくて、ついに一ヶ月に一度つけられたら上々という感じになってしまった。夏の暑い間はそもそもマックを起動することも少なくて、ネットはもっぱらスマホで見ていた。

“台風がいきました” の続きを読む

アップルの強さ

アップルストア京都がオープン。

ここのところからだのコリがひどかったのでものすごく久しぶりにマッサージをしてもらったらからだが軽くなり、そのまま調子に乗って京都へ出てしまう。朝、Twitterを見ていたらアップルストア京都の開店待ちで人が列をなしている様子がたくさんツイートされていたので、もう時間も遅いことだしと思ってちょっと前を通るだけでもと。

それで前を通ってみたらやっぱり一度入っておこう、入っておきたい!という気持ちが勝ってきた・・・。四条通りからもう一度烏丸通りに戻って大丸の駐車場に車を停める。今度iMacProを買いに来る時もそうしよう。(って、買いに来る予定は全くないけど。)

“アップルの強さ” の続きを読む

iPodを復活させる

このままずっと書かなかったらずっと更新しそうにもないので何か書いておこうかという気持ちで。

行き帰りの電車の中でiPodを聴いている。知り合いから譲ってもらった初代のiPod miniをずっと使っていたけれど、登場してから10年以上経つ機種なので電池の消耗が著しくて本当に行き帰りの時間のみしか曲が聴けない。それで考えたのは、ハードディスクの故障で使えずにいる第五世代のiPodを復活させることができないかということ。ネットを調べてみるとそれに成功している人がたくさんいたので自分も真似をして挑戦をしてみることにし、

  • 互換品の電池
  • ハードディスクの代わりになるSDメモリーカードそれをコンパクトフラッシュ化できるアダプタ
  • アダプタを装着してiPodのハードディスク用のインターフェースがついた基盤

アマゾンで調達してみた。「先輩」方のサイトを参考にiPodをこじ開けて電池とハードディスクの交換をしたら普通にSDカードの容量である30GBのiPodとしてまた使えるようになった。 “iPodを復活させる” の続きを読む

梅雨の晴れ間

風邪をひいていたみたい。先週末、職場からの帰り、雨でジメジメとした感じがとても鬱陶しくからだに不快に感じていたのだけれど、どうも外で風邪をもらってきたか、自分でひいたみたい。僕は風邪のひき始めに何かやる気が起こってくるという変な癖が若い頃からあるのだけれど、珍しくサイトの改装なんかをして、その後も何だか胸がざわざわとするなあと思いながら、それがどうしてかなかなかすっとわからなかったのだけど、「あ、そうか。風邪ひいたんだ」と思ったらストンと胸に落ちた。

“梅雨の晴れ間” の続きを読む

億劫も時には大切か

紫陽花

前はある程度の解像度のモニターでもかなりスクロールしないといけないくらい文章を書いていたのに、去年の初夏あたり、父がいった頃から始まった「普通と鬱の中間」状態に入ってからはこのノートもあまり書かなくなりました。書かなくというよりは書けなくなったという方が正確でしょう。とにかく、このことばかりではなくて、いろんなことが面倒になりました。

以前は内容はともかくも両親の分まで含めてご飯の用意をしていたのが今ではほとんどできないし、掃除もしなくなりました。親がデイサービスに出かけた日は必ず布団を干して掃除機をかけていたのに、全然できない。トイレやお風呂についても同じです。掃除をしない。自分の部屋に掃除機をかけたのは一体いつ頃のことだったか。服も最低限のものを吊るしたっきり、あとは床に散らかしたまま。

“億劫も時には大切か” の続きを読む

咲いた花々

家の前で咲いた花

2月のまだ寒い頃、近所の方が殺風景なうちの前に花の苗を植えて下さった。最初のうち、自分に花の世話をする力が湧いてこないこともあって、「これは春まで保つものだろうか」と正直思っていたのだけれど、今見事に咲いている。自分が気がついて水をやったりしたのはほんの数回だから、もしかすると見ていないところで世話をしてくださっていたのかも知れない。

先月から外に出始めている。まだ「普通と鬱のあいだ」にいる自分を感じながら、それでも少しずつ以前よりは活気が出てきているようにも感じる。疲れはあるけれども電車の中ではiPodで音楽を聴きながら、人が気になるときには目をつむりながら、なんとか行き帰りしている。母親にヘルパーさんが入らない日は帰りに自分のものも含めてスーパーで買い物をして帰ったりもする。

人の中にいて、時に失敗があったり、自分が力を十分に出せなかったりするのが情けなかったり悔しかったりするけれど、なんとか外に出ていくことを続けていくことだと、今はそれだけ考えるのがいいのかなと思っている。

“咲いた花々” の続きを読む

ただ生きている

暗い海の空

ここ二ヶ月あまり、文字を考えて打つのもしんどくてノートを書くのもやめていた。特に書きたいということもなかったし、書かなくても負担になることもなかった。おかげで写真のサイズ加工さえも忘れていた。

気温の変化についていけず、このあいだ母親の付き添いで診療所へ行ったら咳をしている人が多くて弱い自分のからだに影響がないか気になっていたのだけれど、やっぱり自分も風邪のような症状が出てきた。後日、自分の通院は、前回体調がわるくてキャンセルさせてもらってもいるし薬ももうないので仕方なく風邪薬を飲んで出かけた。そうしたら少しはましだった。

“ただ生きている” の続きを読む

相貌失認

月に一度ぐらいは何か書くことを続けていきたいと思って、また久しぶりにパソコンに向かっている。といって何を書いたらいいのかわからない。最近、最低限のことをしたら眠ることを続けていたけれど、ちょっとまたひとつ大きな用事が増えた。これは、このことが済んでもそれからが一層大変なことになるかも知れない類いのことなので、今から憂鬱な気分でいる。

“相貌失認” の続きを読む

人の顔に影がかかる

特になんにも思いつかないけれど、今月ひとつもノートを書いていないのが気になるので何か書こうかなと思う。書けない(書かない)のは多分うつがあることと、そのための薬を処方してもらっているからかなあと思う。眠気はしょっちゅう来る。

母親が「部屋を懐中電灯で照らされている」「誰かが玄関から入ってくる音がする」と言うので、これは認知症が始まったのかなと思ってお医者さんのアドバイスもありしばらく一緒の部屋で寝ることにした。そうしたら前の道路を走る車のライトが窓から入ってくる様子と、道路の走行音がまるで部屋の戸を開け閉めするように確かに聞こえることがあるので、これは根拠のあることなんだと母親にも説明した。自分でもドキッとすることが確かにあった。

僕は人と一緒に眠るのが苦手だ。保育園のときからお昼寝の時間が来ると皆がすっかり眠っているのに自分だけ眠れない。それで保母さんに目をみつめてもらいながら背中をさすってもらっているうちにようやく眠れることが多かった。高校生のとき、受験合宿が一週間ほどあり、お寺の坊に泊まるのだけれど、あれはしんどかった。まず親しく話せるような友達がいないので身の置き所がなかったのと、おなかをこわしたのと、それとやっぱり夜になかなか眠れなかった。皆が寝静まるまでガラスのむこうに見えるお月さまを眺めながらようやく目をつむり、眠ったと思ったらだいたい自分が一番に起きていた。「この人は僕が目を覚ましたらもう起きている」と話す子がいた。

“人の顔に影がかかる” の続きを読む